脳を活性化させる生活習慣

脳を活性化させる生活習慣に関するページです

「オメガ脂肪酸」のことがもっと分かる!オメガライブラリー

トップページへ

  • 学校案内 オメガ脂肪酸のこと、オメガ学園で学びませんか?
  • ホームルーム 脳に大切なオメガ脂肪酸
  • 1時限目 知力とオメガ脂肪酸 若々しい脳でいるために
  • 2時限目 気力とオメガ脂肪酸 前向きな気持ちでいるために
  • 給食の時間 オメガ脂肪酸をしっかり補いましょう
  • 課外授業 脳を活性化させる生活習慣

課外授業 脳を活性化させる生活習慣

脳が活発に働くために重要な認知機能は、何もしなければ早い段階から衰え始めることが分かっています。アメリカ国立衛生研究所は、認知機能の維持には、「頭を使うこと」「野菜、魚の多い食事」「運動」「レジャー」が役立つと報告しています。
頭を使う方法としては、ワーキングメモリーといって、脳の中にあるメモ機能を使ってあげるトレーニングがおすすめです。まずは下記の6つを暮らしに取り入れてみましょう。続けているうちに、脳がいきいきと活性化してくるはずです。

記憶を司る脳の海馬は、中高年になると1年で1〜2%縮小するといわれていますが、速歩を続けると2%容積が増えるという報告があります。インターバル速歩は筋トレとしても効果的で、生活習慣病予防にも役立ちます。

社説の内容を理解しながら、同時に別の作業をすることで、脳のワーキングメモリー機能をフル活用。ほかに100から7を順に引いていく、1000から17を引いていくといった計算も、手軽なワーキングメモリーのトレーニングになります。

相手のいいところを探そうとすると、感情などを司る前頭葉が活性化します。会話の時に相手のいいところを探そうと意識して話すと、ワーキングメモリー機能が改善するとの報告もあります。相手も気持ちがよく、よりよい人間関係につながります。

レジャーは特に頭や体は使わなくとも、脳を楽しく刺激して、認知機能の低下予防に役立ちます。ジグソーパズルやゲームは頭を使い脳を活性化させます。特に対戦型の囲碁や将棋などは、人との交流する楽しさも加わります。

右手で鼻を、左手で右の耳をつまみます。一拍で、左手で鼻を、右手で左耳をつまみます。それを交互に十拍まで続けましょう。机の上を右手でスリスリ、左手でとんとん。5回やったら入れ替えるという繰り返しもいいでしょう。体を使ったワーキングメモリートレーニングです。

高い目的意識を持つことは、認知機能の維持に役立つことが報告されています。私たちの脳は思っている以上に社会的です。世のため、人のためを考えた行動はモチベーションが維持しやすく、続けることで高い達成感も得られます。

監修:篠原菊紀 先生

脳科学者・諏訪東京理科大学教授(脳システム論)。東京大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て現職。多チャンネル近赤外線分光法を使って日常的な脳活動の研究に取り組み、アミューズメント、教育、自動車産業との共同研究や、テレビや雑誌などでの解説・実験監修も多い。著書に『「しなやか脳」でストレスを消す技術』(幻冬舎)などがある。

WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。