プラスαで、生み出す力がパワフルに!

成分の組み合わせがコラーゲンを生み出す力に与える影響について、サントリーがご紹介します。

Report 2 プラスαで、生み出す力がパワフルに! コラーゲンを生み出すカギは、コラーゲンの工場・線維芽細胞にアリ!

高濃度PO・OGコラーゲンにエラスチンとプロテオグリカンを組み合わせる実験を行い、
コラーゲンを増やす機能に対する影響を明らかにしました。

〜はじめに〜 ハリのある美肌は、どうやってつくられるの?

■ ハリ肌のキーポイントは「真皮」の状態

私たちの肌は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層でできています。その中で、ハリに大きく関わっているのは、表皮の下の「真皮」の状態なのです。「真皮」を良い状態に保つことがふっくらとした美肌につながります。
「真皮」は美肌の土台のようなものなので、とても大切な部分といえます。
加齢などによって、「真皮」の働きが低下すると、肌を支えることができなくなり、ハリが失われてシワやたるみの原因になります。

肌の組織の断面図

■ 「真皮」の約70%を占めるのがコラーゲン

そんなハリのある美肌に大切な「真皮」の、約70%を占めるのがコラーゲン。
「真皮」の中で網目状になって表皮を支え、ハリをつくりだしています。
他にも「真皮」の中には美肌に大切な成分があります。
コラーゲンをサポートするエラスチンやお肌の弾力を担うプロテオグリカンなどです。

肌の組織の説明図

■ 美肌に大切な成分を生み出す母なる細胞! 線維芽細胞に注目!

ここで注目したいのが、線維芽細胞の働きです。
線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンをつくる細胞で、いわば、
美肌のための成分を生み出す工場なのです。

だから! 
コラーゲンなど美肌成分を増やすには線維芽細胞を増やすことがカギ。 
線維芽細胞が増える = 美肌成分の工場が増える = コラーゲンなど美肌成分が増える
ハリのある若々しい肌をキープ 
でも・・・線維芽細胞って、どうしたら増やせるの?

サントリーは
高濃度PO・OGコラーゲンにエラスチンとプロテオグリカンを組み合わせることで
より効率的に線維芽細胞を増やせる事実を明らかにしました。

事実1 高濃度PO・OGコラーゲン×エラスチン×プロテオグリカンで 線維芽細胞がグンと増える!

下のグラフはヒト皮膚線維芽細胞に添加した実験を行い、高濃度PO・OGコラーゲン、エラスチン、プロテオグリカンの組み合わせによる細胞の増加量を比較したものです。
高濃度PO・OGコラーゲン単独よりも、エラスチンとプロテオグリカンが入った方が線維芽細胞が増えており、増殖パワーが高まることが確認できます。

ー線維芽細胞増加の比較実験ー

さらに!
サントリーは高濃度PO・OGコラーゲンに
エラスチンとプロテオグリカンを組み合わせることで
線維芽細胞の働きを活発にする事実を明らかにしました。

事実2 コラーゲンを生み出す力がアップ!

ヒト皮膚線維芽細胞に添加した実験を行い、高濃度PO・OGコラーゲン、エラスチン、プロテオグリカンの組み合わせによるコラーゲンを生み出す力を検証しました。
左のグラフはT型コラーゲン※1の産生量を比較したもので、右のグラフはT型コラーゲン遺伝子COL1A1※2が発現する量を比較したものです。
この2つの実験結果より、高濃度PO・OGコラーゲン単独よりも、エラスチンとプロテオグリカンが入った方がコラーゲンを生み出す力がアップしていることが確認できます。

※1 真皮を構成するコラーゲンのうち約80%を占め、皮膚の強度を保つために重要な役割を果たす
※2 T型コラーゲンを生み出す遺伝子

ーコラーゲンを生み出す力の検証ー
結論 
高濃度PO・OGコラーゲンとエラスチン、プロテオグリカンを一緒に摂ることで肌のハリに大切なコラーゲンをより増やすことが期待できます。
ページトップへ
WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。