“血管の硬さ”が全身の老化リスクに!

サントリーは健康を科学する健やかな生活のための「教えて!先生」情報をお届けします。

男性だけでなく、女性もご注意!「“血管の硬さ”が全身の老化リスクに!」

Q

「健康と若々しさの決め手は、実年齢より血管年齢ってホントですか?」

A

「全身の衰えと血管の老化には深い関係があります。血管が硬くなれば、動脈硬化も進んで、様々な病気や老化のリスクが高まります。血管は加齢とともに弾力を失い、硬くなっていきますが、元気で若々しい毎日を過ごしていくためには、血管のしなやかさをいかに保つか、メンテナンスがとても重要です。そのための秘訣を、お答えいたします。」

血管がしなやかな人は、年を重ねても若々しい!20代でも血管が硬くなっている人が・・・

健康と若々しさを決めるのは、実年齢より、むしろ血管年齢

 心臓から送り出された血液を全身にめぐらせている血管。すべての血管をつなぎ合わせると約10万km、地球2周半もの距離になります。文字通り体内のライフラインですが、そこで肝心なのが血管の“弾力”です。血管がしなやかな状態であれば、栄養や酸素の運搬も老廃物の排出もスムーズです。
 血管は、加齢とともに硬くなる傾向がありますが、そのスピードには個人差が大きく、同じ年齢でも“血管年齢”は違ってきます。20代なのに血管が硬くなっている人や、60代でもさほど硬くない人もいます。
 血管は下図のように3層構造になっており、血管年齢の若い人は、血管の弾力に関わる内皮細胞が元気です。血管年齢は、下記のチェックテストで推定できますので、まずは自分の血管年齢をチェックしてみましょう。実年齢よりも高い場合は、生活習慣を振り返るきっかけにしてほしいと思います。

血管は3層構造
血管が老化して硬くなっていませんか? 血管年齢チェック 疲れが取れない 疲れやすい 体が重い 目覚めがすっきりしない だるい 活気がない 顔色が悪い むくみがある 手足が冷えやすい 体の奥が冷えている感じがする 肩がこる 髪にハリ・ツヤがない 肌の調子が良くない 判定 チェックの数で以下のように推定できます。 0〜4…実際の年齢と同じ 5〜8…実際の年齢+5歳 9〜13…実際の年齢+10歳

血管のしなやかさは、血管の内皮機能≠ェ左右

若々しい血管を取り戻そう!

 血管が硬くなるのには、2つの理由があります。ひとつは、血管自体はそれほど硬くなくても、血圧の上昇で血管に圧力がかかったり、ストレスや喫煙で血管がキュッと縮んだりして血管が硬くなっている状態。この場合は一時的な硬さなので、その原因を取り除けばもとの状態に戻ります。
 もうひとつは、加齢や生活習慣などによって動脈硬化が進み、血管そのものが老化して硬くなっている状態です。このように、老化して硬くなった血管は、もう戻せないと考えられていましたが、近年の研究で、ある程度のしなやかさを取り戻せることが分かってきました。

特に女性は、50代から要注意。閉経後、内皮機能が急激に低下し血管が硬くなりやすい

 そのカギを握るのが、血管の一番内側にある内皮細胞の働きです。これを「内皮機能」といいます。もちろん年齢とともに血管の内皮機能も低下しますが、食生活をはじめとする生活習慣の工夫で、回復することが分かってきたのです。
 内皮機能は、女性ホルモンによって働きが高まることが分かっており、一般的に女性は男性よりも血管の状態は良いといわれます。しかし閉経以降、女性ホルモンが減少すると、一気に内皮機能が衰えて、血管が硬くなりやすいので、50代以降は注意が必要です。


血管がしなやかな人は、歳を重ねても元気で若々しい

 血管は目には見えませんが、血管年齢が若返ると、身も心も若々しくなります。
 血流が良くなり、肩こりや腰痛も緩和します。また、全身のすみずみにまで栄養と酸素がいきわたるので、全身に活力がみなぎってくるでしょう。さらに、疲労物質や老廃物がきちんと排出されるので、疲れがたまりにくく、肌や髪もツヤツヤに。ほかにも下図のように多くの変化を実感できます。
 そして、病気の予防面で何よりも大きいのは、動脈硬化を防ぐだけではなく、血管がよく拡張するので、心臓から楽に血液を送り出せるようになり、心臓の負担が軽くなることです。そうなれば、心筋梗塞や狭心症はもちろん、脳卒中の発症リスクも軽減します。心筋梗塞や脳卒中の怖さは、命をとりとめても、後遺症によって、介護が必要な寝たきり状態を招くことです。これらの病気を防ぐことは、すなわち全身の健康寿命をのばすことにつながります。
 しなやかな血管を保つための生活習慣をぜひ取り入れて、10年後、20年後も病気になりにくい体ですこやかに暮らしていきましょう。


血管がしなやかになると・・・ 肩こり・腰痛が緩和 肌や髪の状態が良い 目覚めが良い 太りにくい 疲れにくい 冷えにくい さらに・・・動脈硬化になりにくい!見た目が年齢が若くなる!健康寿命がのびる!

生活習慣の工夫で、血管年齢を若々しく保ちましょう

 血管のメンテナンスにおいて大切なのが食生活と運動。特に食事は何を摂るかで血管の内皮細胞の若々しさが違ってきます。塩分や糖質、脂質の摂り過ぎには注意が必要ですが、血管のために積極的に摂りたいのが抗酸化成分です。血管にとって活性酸素は内皮細胞を傷つける天敵のようなもの。様々な抗酸化成分を含む野菜や果物を摂る習慣は、血管の内皮細胞の保護に役立ちます。
 その代表が、オリーブオイルや赤ワインのポリフェノール、トマトのリコピンなど。こうした食材がそろう 「地中海式食事法」は、大変理にかなった一つの食べ方だと思います。


しなやかな血管のメンテナンスに3つの生活習慣
抗酸化成分が多く摂れる食材をしっかりと
20分のウォーキングを週2回
気持ちに余裕を

 意外に血管に影響するのが、性格や行動パターン。せっかちで競争心の強いタイプの人は、血管が収縮しやすい傾向にあります。また、がまんのし過ぎもストレスにつながります。性格を変えるのは大変ですが、「かけがえのない血管のため」と考えて、どうぞゆったりした気持ちで、毎日をお過ごしください。

年に1度は健診で血管の老化リストのチェックを
内皮細胞が元気になれば、血管のしなやかさは取り戻せます。まずは、食生活を見直しましょう!
WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。