若々しさと健康に深く関わる性ホルモン

サントリーは健康を科学する健やかな生活のための「教えて!先生」情報をお届けします。

「若々しさと健康に深く関わる性ホルモン」

Q

「性ホルモンが減少すると、様々な病気が起こりやすくなるって、ホントですか? 」

A

「私たちの体内では約100種類のホルモンが分泌しており、各器官が正常に働くための調整や情報伝達をしていますが、加齢に伴って様々な変化が表れてきます。その代表が性ホルモン。女性も男性も、性ホルモンの減少は身体機能の低下に直結します。しかし、上手にケアすることで、低下を遅らせることは十分に可能です。そのためにできる日常生活の工夫をご説明いたします。」

男女ともに性ホルモンが若々しさと健康の基本

 性ホルモンは、女性ホルモンのエストロゲンと、男性ホルモンのテストステロンがよく知られています。ともに男女の性分化や生殖機能に関係し、子孫を残すために欠かせない重要なものですが、全身の様々な機能にも深く関わり、重要な役割を果たしています。
 例えば、女性ホルモンは骨を丈夫にし、悪玉コレステロールの増加を抑えるなどの働きが、男性ホルモンはたくましい体をつくり、内臓脂肪がつくのを抑えるなどの働きが知られています。さらに近年の研究では、性ホルモンに血管や脳神経の機能を保護する働きがあることが分かってきました。
 性ホルモンは、いわば“若々しさと健康の基本”。もしも心身の老化を感じるような時は、性ホルモンの分泌量が落ちていると考えてよいかもしれません。

性ホルモンの減少は、全身の老化に大きく影響!

男性も女性も両方の性ホルモンを分泌している

 男性ホルモンは男性だけ、女性ホルモンは女性だけが分泌すると思われがちですが、どちらの働きも双方に必要なため、男女とも両方の性ホルモンを分泌しています(下図)。
 そして、もう一つ注目したいのは、男女共通の性ホルモン「DHEA*です。女性は閉経によって女性ホルモンが著しく減少しますが、副腎皮質でつくられるDHEAが、女性のホルモン力を補う働きをしているのではないかと考えられています。
*dehydroepiandrosterone(デヒドロエピアンドロステロン)

性ホルモンの分泌と変化 男性はテストステロンの一部がエストロゲンに変化。女性は卵巣からテストステロンも分泌します。またDHEAの一部が変化して、テストステロンやエストロゲンになります。その量には個人差があり、その人の性格や好みにも影響を与えています。

性ホルモンの減少は様々な病気の原因に

 性ホルモンは誰でも加齢とともに減少していきますが、女性と男性とでは減り方が大きく違います。
 女性の場合、閉経を迎える50歳前後から女性ホルモンが急激に減り、その影響で、ほてり、発汗、倦怠[けんたい]感、冷え、不眠、うつなど様々な不調が表れやすくなります。症状の内容や程度は人それぞれで、更年期障害と呼ばれるつらい状態になる人もいます。
 一方、男性は20代をピークに男性ホルモンが徐々に減っていき、同じ年代でも個人差が大きいのが特徴。分泌量の低下とともに、勃起障害(ED)のほか、女性と同じような心身の不調が表れますが、閉経のような終わりがありません。こうした男性ホルモンの減少による症状を、近年「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)*と呼んでいます。
 性ホルモンは、多くの機能に関わっているため、分泌量がさらに減少する高齢期には、全身の様々な病気が起こりやすくなります(下図)。
 女性の平均寿命は年々延びていますが、閉経の平均年齢は昔と変わりません。もともと女性は男性よりも骨や筋肉が弱いうえ、閉経以降はさらに衰えるため長寿になるほど筋肉量が減少して、歩行や立ち上がりが困難になるサルコペニアのリスクが高くなります。また認知症に女性の方が多いのも、性ホルモンが関係していると考えられます。
 女性に多い骨粗しょう症やサルコペニア、認知症は直接命を脅かすものではありません。しかし男性の場合は加齢とともに動脈硬化が進みやすく、脳卒中・心筋梗塞など、生死に関わる病気にかかりやすくなることが分かっています。
 高齢になると増えてくる、こうした男女の病気や症状の違いが、平均寿命や健康寿命の差として表れてくるのでしょう。
*LOH :late-onset hypogonadism

性ホルモンの減少とともに起きやすくなる主な病気と症状

性ホルモンの分泌を活性化させる日常生活の工夫を

 加齢によって性ホルモンが減少するのは、自然なことなので仕方がありません。しかし、日常生活の工夫によって、性ホルモンの分泌を活性化させたり、閉経による減少をカバーしたりすることはできます。
 男性ホルモンや女性ホルモンの分泌には、加齢だけでなくストレスが強く影響しています。また偏った食事や運動不足、睡眠不足、冷えなども性ホルモンが減少する原因です。しかし、歳を重ねても、また認知機能が低下しても、運動を続ければ、脳や血管機能に関わるテストステロンやDHEAが増えることが近年の研究で分かっています(右グラフ)。
 日ごろからストレスをためない工夫や、ホルモン力を高める食生活とともに、積極的に体を動かす習慣をつけましょう。

運動はホルモン力を引き上げる! 【男性(平均年齢65歳)のテストステロンの変化】運動教室で1日30分、有酸素運動と筋肉運動を行ったところ、3カ月後に男性ホルモンの分泌量が増加した。 【女性(認知症患者)のDHEAの変化】1日30分、ストレッチと筋肉運動を行ったところ、3カ月後にDHEAの分泌量が増加。運動を3カ月間中断すると分泌量は開始前の水準に下がった。

睡眠:睡眠で大事なのは時間よりも質。就寝前は脳を覚醒させるテレビやパソコンは消し、ぬるめのお風呂につかるなど、ゆったりと過ごしましょう。 食事:体の組織をつくるアミノ酸、性ホルモンの合成に関わるビタミン・ミネラル類をしっかりと。また、活性酸素による細胞の酸化を防ぐ抗酸化成分、性ホルモンの働きを助けるねぎ類や大豆製品、根菜類などを。 運動:普通の散歩よりも、大股歩行や速歩を加えたり、坂道や階段上りをコースに取り入れましょう。脚の筋肉を使う強めの運動がおすすめです。
いくつになっても、ホルモン力を大切に。それが、元気な毎日を後押しします。
WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。