疲れの正体は活性酸素

サントリーは健康を科学する健やかな生活のための「教えて!先生」情報をお届けします。

最新研究で分かってきた 「疲れの正体は活性酸素」

Q

「最近、耳にしたのですが、疲れのもとに“活性酸素”が深く関わっているって、ホントですか?」

A

「疲れると、疲労物質の乳酸がたまる――。こんな話を聞いたことがある人は多いかもしれません。ところが近年、乳酸は疲労物質ではなく、むしろエネルギー源であることや、疲れのもとには“活性酸素”が深く関与していることが分かってきました。疲労のしくみと正しい対処法についてお答えします。」

疲れの正体は君だ!

疲れとは何か?

体が発する休息のメッセージ
 ひと口に疲れといっても、その種類は様々です。運動などによる身体的な疲れ、ストレスなどによる精神的な疲れ、免疫力の低下などによる疲れがあり、実際はこれらが複合的に絡み合っていると考えられます。
 一般的に、疲れはよくないというイメージもありますが、“休みなさい”という体が発するメッセージであり、生きていくために必要な警報です。

疲れに深く関わる「活性酸素」
 では、疲れている時に体の中ではどんなことが起きているのでしょう。実は、疲れの発生の際に中心的な役割を果たしているのが「活性酸素」です。
 私たちの細胞には血液によって栄養と酸素が運ばれ、その栄養を酸素で燃やして、活動のためのエネルギーをつくっています。酸素が燃える時に生じるのが活性酸素です。活性酸素は増え過ぎると細胞をさびさせて老化を進めますが、通常は体に備わっている抗酸化力が働いて、過剰な活性酸素を除去しています。
 しかし、活動量が増えたり、ストレスや環境から心身に負担がかかったりすると、そのぶん細胞はがんばらなくてはならず、多くの酸素を使ってエネルギーをつくろうとします。その結果、活性酸素も大量に発生。体内の抗酸化力が追いつかず、細胞自体がさびついていきます。そうなると、細胞の中で栄養をスムーズに燃やすことができず、エネルギーの産生が落ち、疲れを感じるようになります。

  • 活性酸素が増え過ぎると…活性酸素によって細胞自体がさびつき機能低下に陥る。栄養をうまく運んだり燃やしたりすることができず、エネルギーの産生が落ちてしまう。
  • 抗酸化力が働いている時は…細胞内の機能がしっかり働き、運ばれた栄養を酸素で燃やして、活動に必要なエネルギーを産生する。

疲れを放置しているとどうなるか?

休んでも回復しない慢性疲労の入り口に
 通常の疲労なら十分な睡眠や休息をとれば、やがて回復します。休んでいる間に細胞の新陳代謝が行われ、さびた細胞の修復や交換により、十分なエネルギーがつくられるようにリセットされるからです。
 しかし、何かと慌ただしい現代社会。疲れを感じていても、そのまま放置したり、無理をしたりして、疲労をため込んだままの人も少なくありません。そうなると、細胞のさびがさらに広がり、疲れは慢性化してたまる一方です。
 特に持病などがないのに、下記の症状が増えてきたら、疲れが慢性化しているサインと考えられます。積極的に疲労回復のための時間を設け、休息をしっかりとりましょう。

疲れを放置していると慢性疲労や病気の入り口に!
こんな疲れが増えてきたら要注意!  精神的・神経的な疲れ ● 思考力が低下している● よく眠れない● ゆううつな気分になる● 自分の体調に不安がある● 働く意欲がおきない● ちょっとしたことが思い出せない● まぶしくて目がくらむことがある● ぼーっとすることがある● 集中力が低下している● どうしても寝過ぎてしまう 身体的な疲れ ● 微熱がある● 疲れた感じ、だるい感じがある● ちょっとした運動や作業でもすごく疲れる● 筋肉痛がある● このごろ体に力が入らない● リンパ節が腫れている● 頭痛がある、頭が重い● 一晩寝ても疲れがとれない● のどの痛みがある● 関節が痛む 心当たりのある項目が多いほど、疲れが慢性化している心配があります。

疲れをためない生活の工夫とは?

よりよい疲労回復と予防のために
 疲労の回復には、軽い運動や栄養補給、緑の香りや音楽などが有効であることは、様々な研究により科学的に実証されています。特に体に備わる抗酸化力は、加齢とともに低下する傾向があるので、栄養補給では栄養バランスとともに、抗酸化成分を様々な食品から補う工夫が大切です。
 また、嫌なことがあった時、深刻に悩む人と受け流せる人がいますが、疲労度と「気の持ちよう」には明らかな因果関係があります。
 そこで、ぜひ日ごろから心掛けていただきたいのが、下の3つのキーワード。生活の中に上手に取り入れ、疲れをためにくい体をつくりましょう。

疲れを軽くする3つのキーワード 抗酸化成分:抗酸化成分を積極的に摂り、体内の活性酸素を除去するちからを高めておきましょう。抗酸化成分は、緑黄色野菜に含まれるビタミンA・C・E、ゴマのセサミンなどがよく知られています。 森林浴:森林の緑の香りは、疲労を和らげリラックスに導いてくれます。また作業効率の低下を抑える効果があることも分かっています。 ポジティブ思考:物事をポジティブに捉えることは、最大のストレス対策。また「笑い」も気持ちを明るくし免疫力を高めてくれる大切な要素です。 元気の維持には、疲れをためないための“活性酸素対策”が欠かせません!
WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。