“血液力”を高める

サントリーは健康を科学する健やかな生活のための「教えて!先生」情報をお届けします。

健康維持の基本「“血液力”を高める」

Q

「血液力を高めるって、どういうことなのでしょうか。詳しく教えてください。」

A

「血液は猛スピードで全身を循環しながら、生命の維持に関わる大切な仕事をしています。 その血液の力は血液の〈質〉と〈流れ〉で決まります。スムーズに流れる質の良い健康な“血液力”こそ、体内ライフラインの根幹。しかし、食生活の内容で“血液力”は良くも悪くも変わります。そこで、歳を重ねるほどに意識したい“血液力”の重要性と、“血液力”を常に高めておくための食生活のヒントをご説明いたします。」

約2週間で、変化が表れます 血液力が低い:ドロドロ血液 血液中に糖や脂質が増え過ぎてベタつき、流れが悪い状態 血液力が高い:サラサラ血液 血液中に糖や脂質が多過ぎず、適切な酸素や栄養の運搬ができる状態

血液は健康で美しい体の源

 私たちの体重の約8%は血液。例えば体重50kgの人は約4kgの血液が、わずか50〜60秒で体内を循環しています。その血液が、質の良い状態でサラサラと流れていれば、全身に酸素や栄養がスムーズに届けられ、二酸化炭素や老廃物の回収もはかどります。しかし、血液の質が悪くドロドロの状態では血液の流れも停滞。血液力が高いか低いかで、全身の細胞の新陳代謝に大きな違いが表れてくるのは言うまでもありません。
 また血液には、“全身に熱をめぐらせる” “様々なホルモンを必要なところに届ける” “ウイルスや細菌を撃退する免疫細胞を運ぶ” “血管の傷を修復する”などの重要な役割があります。
 さらに、体の中で酸素とブドウ糖などを一番多く消費している脳の健康を支えているのも、もちろん血液力。そして、血液力が高いと、肌や髪のツヤも良くなり、スムーズに流れる血液は血管壁にも負担をかけないので、血管の老化予防にもつながります。
 若々しさも健康も美しさも、私たちの体は血液力にコントロールされていると言っても過言ではありません。
 血液の状態は目には見えませんが、血液力が低下すると、その影響は下記のような心身の症状となって表れてきます。まずは自分の血液力をチェックしてみましょう。

血液力が低下していませんか?血液力チェックテスト 当てはまる項目が多いほど、血液力が低下している可能性があります やけに疲れやすい 肩こりや腰痛がよく起こる 集中できない 顔色が良くない 肌や髪のトラブルがよく起こる 体の冷えをよく感じる かぜをひきやすい 監修:栗原 毅先生

食事次第で血液の質は変わる

 血液力に最も影響を与えるのは食生活です。何をどう食べるかで、血液はドロドロになったりサラサラになったりし、流れのスムーズさも変わります。食事の内容次第で、約2週間もすれば、血液の質は良くも悪くもなるといわれています。
 そこでドロドロ血液にしないためにはまず、卵やレバーなどコレステロールを多く含む食品を控えようと思う人が多いようですが、実は食事でコレステロールを多く摂れば血中コレステロール値が高くなるわけではありません。
 むしろ気をつけたいのは、糖質の摂り過ぎ。血液中に余った糖は中性脂肪に変わり、その中性脂肪が分解されてコレステロールが生み出されるからです。
 コレステロールにはLDLとHDLがありますが、中性脂肪が多過ぎると、余分なコレステロールを回収するHDLが減り、LDLが血液中に増えてくることが分かっています。
 ドロドロ血液とは、これらの糖や中性脂肪やLDLコレステロールが多い血液のこと。このような血液の状態で過ごしていると、増加したLDLコレステロールが体内を循環しているうちに酸化して超悪玉化。それらが血管壁にたまりやすくなり、動脈硬化が進んで、怖い病気につながる心配があります(下図)。
 一方、栄養不足で血液が薄くなり過ぎるのも問題。酸素や栄養が十分に運べず、各機能が低下してしまいます。

やがて怖い病気につながる心配が! まず気をつけたいのは、糖質の摂り過ぎ 血糖が増える:血液中に余分な糖が増え、それが中性脂肪に変わる 中性脂肪が増える:血液の質が悪くなり、流れも悪くなる LDLコレステロールが増加:中性脂肪がコレステロールに変わり、増加したLDLが酸化して血管壁に侵入 動脈硬化が進行:血管壁が厚く硬くなり、血管が狭くなる 様々な生活習慣病が進む! 脳卒中 心筋梗塞

血液力を高める食べ物と食べ方を

 基本は栄養バランスのいい食事を規則正しく、そのうえで「糖質を摂り過ぎない」ことです。動物性タンパク質や脂質も、血液には大切な栄養素。肉も魚も偏らずに食べましょう。野菜などに含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維も質の良い血液のために欠かせません。
 また、青魚のサラサラ成分・DHAとEPAは、血液の流れを良くし中性脂肪を減らす働きがあり、こうした成分を意識して摂る食生活で、血液力はいっそう高まります。
 もう一つ、忘れてはならないのが活性酸素の悪影響。体内で増え過ぎると、血液ドロドロが加速します。緑黄色野菜のビタミンA・C・Eやゴマのセサミンなどの抗酸化成分を食卓に摂り入れ、体内の抗酸化力を高めておきましょう。なおDHA・EPAは酸化に弱いので、抗酸化成分と一緒に摂るのがおすすめです。
 血液力を高めるには、適度な運動も大事。意識して体を動かす時間をつくりましょう。

こんな食べ物を積極的に食卓に! ゴマ:血液ドロドロを加速する活性酸素の増加を抑える抗酸化成分が豊富 野菜:質の良い血液をつくるために大切なビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富 青魚: DHAやEPAが、血液中の余分な中性脂肪やLDLコレステロールを減らし、血流を改善 血液力を高める食べ方 ● よくかんでゆっくり食べる 早食いは血糖値を急上昇させ、中性脂肪を増やすもと。よくかむことで食べ過ぎも防げます。 ● 食べる順番を工夫する まず野菜や海藻類から、次に肉や魚、ごはん・パン・めん類は最後に。血糖値の上昇が緩やかになります。 ● 茶わんやスプーンを小さなものにする ごはんの量やコーヒーなどに入れる砂糖の量を自然に減らせるので、糖質の摂り過ぎや食べ過ぎを防げます。 年齢よりも食生活がモノをいう「血液力」。高めることで、より健康で快適な毎日に!
WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。