「粗食はキケン!脳と栄養素」

粗食はキケン!脳と栄養素 | サントリーは健康を科学する健やかな生活のための「教えて!先生」情報をお届けします。

 「粗食はキケン!脳と栄養素」

Q

「粗食による脳の栄養不足は、認知機能を低下させるって、ホントですか?」

A

「脳も体の一部。元気のもととなる栄養が大切です。実際に、粗食による脳の栄養不足は認知機能を低下させる大きな原因であることが、東京都健康長寿医療センター研究所の長年の研究から分かってきました。脳年齢を若く保つために必要な栄養素や心掛けたい食べ方について、ご説明いたします。」

中高年を過ぎたら、粗食に注意!

こんな傾向はありませんか?当てはまる項目が多いほど、必要な栄養素が足りていない可能性があります ■食欲がわかないことが多い ■肉はほとんど食べない ■好きな物ばかり食べている ■いろいろな食材をそろえるのが面倒 ■歯が弱く、しっかりかめない

栄養不足は全身の老化を加速
 中年期以降の食生活で、気をつけたいのは粗食による栄養不足です。中年期までは、野菜や海藻類、きのこ、魚などを積極的に摂り、高エネルギー、高脂肪にならない食事が大切といわれてきましたが、中年期を過ぎたらその考えは当てはまりません。
 あまり動かないような暮らしをしていると、食欲がなくなってきたり、かむ力が弱くなり、やわらかいものばかり食べるようになってきたりします。簡単で偏っている食事で済ませてしまうこともあります。その結果、全身の老化が加速され、筋肉や骨が弱り、血管の壁がもろくなり、免疫力が低下してしまいます。
 中年期以降に注意したいのは、メタボ対策よりも栄養不足です。

臓器の一つである脳も例外ではない
 粗食は、脳の老化とも強く関連しており、全身の老化が進めば、当然、脳の老化も進みやすくなります。また栄養不足が招く血管の老化によって、脳の毛細血管が小さな脳梗塞を起こすことがあり、血管性認知症を発症するリスクも高まります。  さらに怖いのは、なかなか自分では栄養不足だと気づきにくいこと。そのため、じわじわと脳の働きが低下して、動いたり考えたりすることが面倒になり、活動量が少なくなるため食欲もわかず、食が細くなり、ますます栄養が足りなくなるという悪循環に陥る危険性があります。
 上の項目に当てはまるものが多い人は、ぜひ日々の食事の内容を見直しましょう。

認知機能が低下しやすい、栄養の落とし穴があった

認知機能が低下する人に共通する食事とは
 脳の老化予防を目指すためには、あくまでも日々の栄養のバランスが土台。下記の10品目を毎日食べることが基本ですが、高齢者を対象に、栄養状態と認知機能との関係を追跡調査したところ、タンパク質や脂質が十分に摂れていない人は、認知機能の低下リスクが高いことが分かりました。  具体的には、血液検査でアルブミンやコレステロールの数値を調べました(右囲み)。アルブミンは血液中のタンパク質の一種で、栄養状態を測る物差しといわれ、動物性タンパク質がきちんと摂れていないと減少します。コレステロールは脂質の摂取量と関係しており、それらの栄養素の不足が認知機能の低下を促進すると考えられています。

動物性タンパク質と脂質の不足が落とし穴
動物性タンパク質は、細胞を作る大切な材料で、体内では合成できない9種類の必須アミノ酸がバランス良く含まれています。また、脳は水分を除くと約6割が脂質です。脳の神経細胞からは情報を信号で伝えるケーブル(軸索)がのびており、その情報伝達の通路を脂質が包んで守っています。
 また脳内の細胞膜などに含まれ、脳の重要な働きをしているARAやDHA・EPAも、体内で作られにくい必須脂肪酸のため、不足しないようにきちんと補う必要があります。

認知機能が低下しやすい高齢者の栄養状態の特徴:東京都健康長寿医療センター研究所の調査によるとアルブミンとコレステロールの数値が低い人は、高い人よりも認知機能の低下リスクが約1.8〜2倍も高いことが分かりました。ほかに鉄分不足(赤血球数が少ない)でも同様の傾向が指摘されています。 毎日摂りたい10品目 牛乳・乳製品/卵/魚介類/肉類/緑黄色野菜/油脂類/果物/いも類/海藻類/大豆・大豆製品

肉も魚もきちんと食べること

もともと魚をよく食べてきた日本人
 青魚には認知機能などに関係するDHA・EPAが、肉や卵には記憶や学習能力に関わるARAが多く含まれています。これらの必須脂肪酸は、お互いに補助的に働き合っていると考えられており、バランス良く摂ることが大切です。
 もともと魚をよく食べてきた日本人の中には、魚は足りていても肉はきちんと摂れていない人が少なくないようです。脳の老化予防と健康寿命を延ばすため、歳を重ねるほど肉も魚もしっかり食べましょう。

食事を楽しむ気持ちと環境づくりを
 食事には、栄養を摂るだけでなく、旬の味覚を味わったり、家族や友人と会話をしたりする楽しみもあります。そうした心豊かな食卓は、食欲増進にもつながります。
 また空腹感は、食事を美味しくいただくための一番のスパイス。そのために体を動かす習慣をもつことも大切です。しっかり食べて、元気に動く。そのサイクルが、健康寿命を延ばす原動力です。

脳のためにも歯のケアが大事:歯が弱くなったり抜けたりして、しっかりかめなくなると食事自体が楽しめなくなり、栄養不足につながる心配があります。また、よくかむことは脳に良い刺激を与えます。重要なのは、入れ歯であってもしっかりかんで食べること。定期的に歯科でチェックを受けましょう。 脳に大切なものをしっかり摂り、活動的な毎日を!
WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。