リフトアップとプロテオグリカンの密接な関係

ヒアルロン酸&コラーゲンを増やす!リフトアップとの関係について、サントリーがご紹介します。

TOPページヘ戻る

  • report1 夢の美容成分プロテオグリカンとは?
  • report2 リフトアップとプロテオグリカンの密接な関係
  • report3 プロテオグリカンでほうれい線の改善効果を確認!

report2 リフトアップとプロテオグリカンの密接な関係 保水力に加え、高いアンチエイジング効果を誇る、プロテオグリカン。その仕組みとパワーをご紹介します。

はじめに 肌のたるみってなに?年齢とともに肌はしぼむ?

加齢とともに、体内にある美容成分は減少し、肌はハリを失っていきます。
新品のベッドは、ふかふかで寝心地がいいですが、何年も使い続けると、へたってしぼんでいきます。
ここでは、肌で起きてしまう、「たるみ」の現象を、ベッドに例えてご紹介していきます。

肌のハリは、ベッドのスプリングとクッションの関係と同じ

1 “Wのチカラ”でたるみにアプローチするプロテオグリカン 美容成分を生み出して、たるみを持ち上げる?!

肌のハリは、ベッドにおけるスプリングとクッションの関係に似ています。
肌の奥深くにある真皮の主な構成成分であるコラーゲンとプロテオグリカンやヒアルロン酸などの基質は、それぞれベッドでいうスプリングとクッションの役割を担っています。

ベッドがへたってしぼむように、肌もしぼんでいく

スプリングとクッションがへたるようにコラーゲンとプロテオグリカンも減少・・・

長年使ったベッドは、スプリングとクッションがへたってしぼみ、弾力が損なわれていきます。肌もこれと同様、年を重ねるごとに、コラーゲン(=スプリング)とプロテオグリカンなどの基質(=クッション)が劣化・減少。 ハリが失われていきます。

コラーゲン&プロテオグリカンが充実=スプリング&クッションを補強!

スプリング(=コラーゲン)とクッション(=プロテオグリカン)を補強すれば、たるみ改善!

ここで注目したいのが、プロテオグリカンの第二のチカラ。
プロテオグリカンは、「保水力」に加えて、「コラーゲンやヒアルロン酸を生み出すチカラ」も兼ね備えています。つまり、クッションとしての役割を果たしつつ、クッションとスプリングの両方を強化できるのです。

プロテオグリカンが「美容成分の大本命」といわれているのは、このダブルパワーゆえ。
クッションとスプリングの両方にアプローチするからこそ、リフトアップが期待できるのです。

Lab Report

コラーゲンおよびヒアルロン酸産生作用の実験

プロテオグリカン(※)を加えた液体と、加えなかった液体の2種類を、それぞれ、ヒト線維芽細胞(column参照)に添加して比較しました。その結果、プロテオグリカンを加えた液体は、加えなかった液体と比較して、美容成分であるコラーゲンとヒアルロン酸の産生量が増加する結果に!

  • コラーゲン産生量(相対値)プロテオグリカンを加えなかった液体よりプロテオグリカンを加えた液体 は約39%UP ヒアルロン酸産生量(相対値)プロテオグリカンを加えなかった液体よりプロテオグリカンを加えた液体は約74%UP プロテオグリカンを加えなかった液体 プロテオグリカンを加えた液体

「一丸ファルコス(株)による日本食品科学工学会第57回大会(2010)等での発表データより引用・改変」

Lab Report

プロテオグリカンのたるみ改善作用の実験

20代〜40代の男女19名を2グループに分け、プロテオグリカンを含むカプセル(プロテオグリカン入り)と含まないカプセル(プロテオグリカンなし)のいずれかを2週間飲用してもらいました。

プロテオグリカンなしのカプセルを飲用したグループでは変化がなかったのに対し、
プロテオグリカン入りのカプセルを飲用したグループではたるみの減少が確認されました。

「一丸ファルコス(株)による日本食品科学工学会第57回大会(2010)等での発表データより引用・改変」

コラム Column

「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」とは?
線維芽細胞は、肌の真皮に存在し、コラーゲンやヒアルロン酸などを生み出す細胞です。
その働きは、一言でいえば「美肌の工場」。
プロテオグリカンは、自らの保水力に加えて、この線維芽細胞自体を増やす力も兼ね備えています。
線維芽細胞が増えて、コラーゲンやヒアルロン酸を生み出すことで、肌にハリと潤いをもたらすこの力は、今、美容業界から熱い注目を集めています。 線維芽細胞の数が豊富で、それらが活発に働いていることは、若々しい肌を保つために欠かせない要素なのです。

2 さらなる嬉しい美肌効果 たるみ改善だけじゃない!こんなにたくさんの嬉しい効果!

肌の細胞を増やしたり、活力を維持する力は、美肌を保つために欠かせません。しかし、20代後半からその力は著しく衰えると言われています。これが、シワ、たるみなどの加齢による肌悩みの原因のひとつとなっています。

プロテオグリカンには、たるみ改善効果に加えて、保湿効果、ハリ・シワの改善効果が確認されています。 一度にケアできるのもプロテオグリカンの大きな魅力です。

このようにプロテオグリカンは、年齢を重ねても美しくありたい女性にとって、心強い味方なのです。

Lab Report

プロテオグリカンの肌への効果を確認

20代〜40代の男女19名を2グループに分け、プロテオグリカンを含むカプセル(プロテオグリカンあり)と含まないカプセル(プロテオグリカンなし)のいずれかを2週間飲用してもらいました。

  • 弾力度改善作用
    プロテオグリカンを含まないカプセルを飲用したグループでは弾力度が落ちたのに対し、プロテオグリカンを含むカプセルを飲用したグループでは皮膚の弾力度の改善が確認されました。
  • シワ改善作用
    プロテオグリカンを含まないカプセルを飲用したグループでは変化がなかったのに対し、プロテオグリカンを含むカプセルを飲用したグループではシワ本数の減少が確認されました。
  • 水分量改善作用
    プロテオグリカンを含まないカプセルを飲用したグループでは変化が小さかったのに対し、プロテオグリカンを含むカプセルを飲用したグループでは角質水分量の向上が確認されました。

「一丸ファルコス(株)による日本食品科学工学会第57回大会(2010)等での発表データより引用・改変」

ほかの美容成分の追随を許さぬ、プロテオグリカンのたるみ改善力。そのパワーが、実際どれほどのものなのか、気になる人も多いのでは?

report3では、いよいよ、肌での確認結果をお伝えします。

  • report1 夢の美容成分プロテオグリカンとは?
  • report2 リフトアップとプロテオグリカンの密接な関係
  • report3 プロテオグリカンでほうれい線の改善効果を確認!

▲このページの先頭へ

WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。