野菜力の正体のひとつは、ケルセチンというポリフェノールだった!

サントリーは健康を科学する健やかな生活のためのケルセチン情報をわかりやすくお届けします。

野菜力の正体のひとつは、ケルセチンというポリフェノールだった。

タマネギに隠された健康パワー。

ポリフェノールは、野菜や果物の皮や種に含まれることをご存じですか?タマネギやブロッコリーの野菜パワーが注目されていますが、その秘密のひとつは野菜の代表的なポリフェノール「ケルセチン」。抗酸化作用をはじめとするさまざまな働きが期待されています。
「ケルセチン」は、レタスなどの葉菜類やブロッコリーなど花菜類をはじめとする野菜に、糖が結合した配糖体というカタチで含まれています。中でも、「ケルセチン」の含有量が極めて高いのがタマネギ。なんと100gあたり28〜50mg程度も含まれているのです。それが、古代エジプト時代から世界中で利用され、健康維持に役立つ野菜として愛されてきた理由のひとつではないでしょうか。
それでは、この「ケルセチン」はどのようにカラダの役に立つのか、次のページではそのメカニズムに迫ります。

ここに注目!「あなたは摂れていますか?ケルセチンのちから」

あなたは、野菜を十分に摂取していますか?「ケルセチン」は、タマネギやブロッコリーに多く含まれるポリフェノール。ですから、「ケルセチン」を摂るためには、野菜を取り入れた食生活を心がけることが大切です。ここに注目すべきデータがあります。厚生労働省が発表した「平成19年国民健康・栄養調査」では、すべての年代で野菜摂取量は、健康上必要とされている目標量の350g(1日に野菜料理を5皿以上)に達していません。つまり、食べているようで、摂りきれていないのが野菜の栄養。話題の「ケルセチン」を摂取して健やかな毎日を送るためにも、メニューに野菜料理をプラスしましょう。

摂れているようで摂れてない野菜の栄養 野菜の世代別摂取量(1人1日あたり)全世代で野菜不足傾向に!(目標摂取量は「健康日本21」より 平均値は「平成19年国民健康・栄養調査」より)

野菜は食べてるようで不足してるんだな。タマネギやブロッコリーなんかの野菜を食べなきゃね。

ケルセチンはタマネギにたっぷり!この後は、そこに隠されたちからを紹介!
このページの先頭へ
WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。