必須脂肪酸がたっぷりとれる秋のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方)

必須脂肪酸がとれるお手軽レシピ(ARAやDHAがたっぷり)

鶏レバーとさつまいもの香味揚げサラダに関するレシピをご紹介。

秋

鶏レバーとさつまいもの香味揚げサラダ

1人分…439kcal/アラキドン酸(ARA):116mg/DHA:178mg

印刷

鶏レバーとさつまいもの香味揚げサラダ

材料(2人分)

・鶏レバー…200g

[A]
おろし生姜…大さじ1
酒…大さじ1/2
しょうゆ…大さじ1/2

・さつまいも…小1本(100g)

[B]
おろし生姜…大さじ1
しょうゆ…大さじ1/2

・小麦粉…適宜

・レタス…2枚(40g)
・たまねぎ…1/4玉(60g)

・市販の和風ノンオイル
  ドレッシング…適宜

作り方

  1. 1[下ごしらえ]
    ★レバーは筋と血合いをとり、2cm角くらいに切って、[A]をもみ込んでおく。
    ★さつまいもは乱切りにし、[B]をからめておく。
    ★レタスは短冊ぎり、たまねぎは薄くスライスする。
  2. 2さつまいもに小麦粉をまぶし、150℃の油でじっくり揚げる。竹串を刺し、スッと通ればよい。火力を上げて、表面をカラリと揚げる。
  3. 3次に、レバーの水分をキッチンペーパーで軽く取り、小麦粉をまぶす。170℃の油で揚げる。
  4. 4レタスとたまねぎをさらに盛り付け、上にさつまいもとレバーを乗せる。ドレッシングをかけてアツアツのうちに全体を混ぜながらいただく。
ポイント

watoさんのイラストレバーは手軽にたくさんの必須脂肪酸アラキドン酸(ARA)を補給できる食材のひとつ。 においが苦手な方も、生姜をたっぷり使ってカラリと揚げれば食べやすくなります。さつまいもには、意外にもビタミンEが多く含まれており、(小松菜やアスパラガスと同じくらい豊富なんですよ)抗酸化作用があるのでレバーとの組み合わせも◎です。

印刷

必須脂肪酸がとれるレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ

WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。