必須脂肪酸がたっぷりとれる春のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方)

必須脂肪酸がとれるお手軽レシピ(ARAやDHAがたっぷり)

あさりと新じゃがの具だくさんトマトスープに関するレシピをご紹介。

春

あさりと新じゃがの具だくさんトマトスープ

1人分…373kcal/アラキドン酸(ARA):100mg/DHA:120mg

印刷

あさりと新じゃがの具だくさんトマトスープ

材料(2人分)

・オリーブ油…小さじ2  
・にんにく…1片
・ローリエ…(あれば)1枚
・ベーコン…50g
・たまねぎ…1/2玉
・新じゃが…4個(200g)
・あさり水煮缶…固形量100g(缶汁も使う)
・うずらの卵水煮缶…6粒
・カットトマト缶…200g
・水…150cc
・塩…小さじ1/2
・白こしょう…少々

作り方

  1. 1[下ごしらえ]
    ★ベーコンは2cm幅の短冊切りに、たまねぎは2cm角に、新じゃがは皮つきのままよく洗っておく。
  2. 2鍋につぶしたにんにく、ローリエ、オリーブ油をいれて弱火にかける。
  3. 3香りが出たら ベーコン、たまねぎを炒める。
  4. 4たまねぎがしんなりしたら、その他の材料を全部いれて強火にする。沸いたら中火にし、フタをして10分煮る。
  5. 5新じゃがに竹串を刺してみて、柔らかくなっていれば出来上がり。
ポイント

watoさんのイラストあさりには、必須脂肪酸アラキドン酸(ARA)や、DHAが含まれています。旬ですので生のあさりを使用してもいいのですが、むき身の缶詰の方がカサが少ない分、1度により多くのアラキドン酸(ARA)を摂る事ができます。また、うずらの卵にもアラキドン酸(ARA)とDHAが、ベーコンにはアラキドン酸(ARA)が、含まれています。1品の中に組み合わせる事で、無理なく1度に沢山のアラキドン酸(ARA)を摂る事が出来ます。アラキドン酸(ARA)、DHAの酸化を防ぐため、緑黄色野菜も一緒に摂りましょう。ここではトマト味にしましたが、たとえば、人参入りのコンソメ味にするなど、アレンジしてみるのもおすすめです。

印刷

必須脂肪酸がとれるレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ

WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。