黒酢やにんにくを使った夏のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 黒酢やにんにくを使ったレシピ

夏野菜と黒酢の海軍カレーに関するレシピをご紹介。

夏

夏野菜と黒酢の海軍カレー

1人分 844kcal

印刷

カレー粉と小麦粉を炒めてルーを作り、牛肉と野菜を煮込んだ、シンプルで懐かしい味のカレーです。
今回はいろんな野菜を使い、隠し味に黒酢を加えました。
酢には味をまとめる働きがあり、スパイスのとんがった感じをまろやかにしてくれます。

夏野菜と黒酢の海軍カレー

材料(一鍋分:約6人分)

・牛ヒレ肉(お好みの部位でいいです)…480g
・牛脂…120g
・カレー粉…大さじ3
・小麦粉…100g
・ローリエ…1枚

[A]
たまねぎ…2個
人参…1本
じゃがいも…2個

[B]
黄パプリカ…1個
ズッキーニ…1本
茄子…2本

[C]
フォンドボー(もしくはコンソメスープ)…1200ml
赤ワイン…大さじ3
みりん…大さじ2
塩…大さじ1
胡椒…少々

・黒酢…大さじ3〜
・ごはん…1人200g
・福神漬け…適宜

作り方

  1. 1野菜と牛肉は約1.5cm角に切ります。
    牛肉には塩と胡椒(分量外)をふっておきましょう。牛脂は細かく刻んでおきます。
  2. 2鍋に牛脂20gを入れて弱火にかけます。
    脂が溶け出してきたら強火にして牛肉を炒め、表面に焼き色がついたら一度取り出します。
  3. 3[A]の野菜とローリエを加えて中火で5分程炒めます。
    続いて[B]の野菜を加えて5分程炒めます。
  4. 4鍋に牛肉を戻し、[C]を加えて弱火で20分程、野菜(特に人参、じゃがいも)が柔らかくなるまで煮ます。
  5. 5煮ている間にルウを作りましょう。フライパンに牛脂100gを入れて弱火にかけます。
    充分に脂が溶け出してきたら、焦げないように混ぜながら小麦粉を3回に分けて加えます。
    全体に少し泡が立ち茶色っぽく色づいたら、カレー粉を加えます。
    手早く混ぜて全体に馴染んだら火を止めます。(火を止めた後、余熱でも焦げていくので、フライパンを濡れ布巾の上におき、あら熱をとるといいでしょう)
  6. 6[4]のスープでルウを少しずつ伸ばしながら加え、黒酢、塩、胡椒(お好みで中濃ソース、牛乳)で味を整えて、出来上がり。
カレー粉を加えたらこがさないように

印刷

黒酢やにんにくを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ

WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。