野菜を使った夏のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 野菜を使ったレシピ(ポリフェノールやケルセチンたっぷり)

玉ねぎたっぷりチキンカレーに関するレシピをご紹介。

夏

玉ねぎたっぷりチキンカレー

1人分 380kcal(ごはんは含まず)

印刷

野菜のポリフェノールであるケルセチンを多く含む玉ねぎを使った料理です。
玉ねぎをソースにも具にも使ったカレーです。
旬のトマトで酸味をプラス。市販のルウでもちょっと本格的な味になりますよ。
トマトは栄養面でみても入れるのがおすすめ。赤い色素リコピンには強力な抗酸化作用があり、活性酸素による体への悪影響を防いでくれます。
お好みでオクラやズッキーニ、なすなどの夏野菜を加えてアレンジしてもいいですね。

玉ねぎたっぷりチキンカレー

材料(4人分)

・鶏もも肉…300g
・塩…小さじ1/2
・胡椒…少々
・白ワイン…大さじ1
・小麦粉…少々
・玉ねぎ…3個(約750g)
・トマト…1個(約150g)
・水…600cc
・ニンニク…1片
・しょうが…10g
・サラダ油…大さじ1
・カレールウ…4皿分
・雑穀入りごはん…適量

作り方

  1. 1玉ねぎは5mm幅にスライス、トマトは乱切り、にんにくはうすくスライス、生姜はすりおろします。
    鶏もも肉は一口大に切り、塩・胡椒、白ワインをもみ込んでおきます。
  2. 2鍋にサラダ油大さじを熱し、玉ねぎ、にんにく、しょうが、塩少々(分量外)を入れて強めの中火で焼き付けるように炒めます。
    ほんのり色づいたら1/3量を取り出し、水300ccとともにミキサーにかけます。
  3. 3ペースト状にした玉ねぎを鍋に戻して、残りの水、トマトも加えて中火で煮ます。
  4. 4その間に、[1]の鶏肉に小麦粉を薄くまぶして、サラダ油大さじ1/2を熱したフライパンで焼きます。
    鶏肉の表面にこんがり焼き色がついたら、鍋に加えて15分ほど煮ます。
  5. 5一度火を止めてルウを加え、よく溶かします。(ルウは包丁で刻んでおくと、さっと溶けるのでおすすめです)
    再び火にかけて塩こしょうで味を整えて、出来上がり。
とにかく玉ねぎがたーっぷりのカレー

印刷

野菜を使ったを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ

WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。