ゴマを使った秋のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方)

ゴマを使ったレシピ(料理&デザート)

カボチャのニョッキ 白ごまと豆乳のソースに関するレシピをご紹介。

秋

カボチャのニョッキ 白ごまと豆乳のソース

印刷

カボチャのニョッキ 白ごまと豆乳のソース

材料(2人分)

・かぼちゃ…1/4個

[A] 小麦粉…50g
  卵…1個
  水…50cc〜
  白いりゴマ…大さじ2

・バター…30g
・たまねぎ…1/2玉
・小麦粉…大さじ3
・豆乳…400cc
・白ねりゴマ…大さじ4
・塩…少々
・胡椒…少々
・コンソメスープの素
 …小さじ1
・パセリ…適宜

作り方

  1. 1[ニョッキの準備]
    かぼちゃは皮付きのまま一口大に切り、耐熱皿に並べ、ラップをして12分程加熱する。(スプーンでつぶせるくらいやわらかくなったらOK)
    荒熱が取れたら、小麦粉、卵、水、ゴマ、を加え耳たぶくらいの固さで、ひとつにまとまるまで手でこねる。ラップに包み、30分以上冷蔵庫で寝かせる。
  2. 2[ソース]
    弱火で鍋にバターを溶かしたまねぎ(スライス)を炒める。たまねぎがしんなりしたら、小麦粉をふり入れ焦げないように混ぜながら炒める。
    粉っぽさがなくなったら、豆乳を少しずつ加えのばしていく。塩、胡椒、コンソメの素で味を整えてパセリのみじん切りをくわえる。
  3. 3まないたにうすく小麦粉をふり、ニョッキの生地を直径2cm程の棒状にのばす。包丁で一口大に切り、沸騰した湯で茹でる。浮いてきたら取り出し、水気をきって、器に盛り、あつあつのソースをかけていただく。
ポイント

watoさんのイラストかぼちゃはβカロテンをはじめ、ビタミンB群・C・E、カリウム、食物繊維などを豊富に含む緑黄色野菜です。なかでも、抗酸化作用のあるβカロテン・ビタミンEは脂溶性なので、ゴマなどの多脂性食品と摂ると吸収率がアップします。

印刷

ゴマを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ

WOW高浸透型エマルジョン WOW高浸透型エマルジョンの秘密とシワへの効果をご紹介します。
酵母の力 たるみに驚くべき力を発揮する酵母ラビスTMの力をご紹介します。
高濃度PO・OGコラーゲン コラーゲンを自ら生み出す高濃度PO・OGコラーゲンをご紹介します。
ロコモティブシンドローム 放っておくと要介護につながるロコモの原因と対策をご紹介します。
腸の炎症 腸から始まる慢性炎症と健康への影響、その対策をご紹介します。
花色素のポリフェノール 花色素のポリフェノール。その育毛効果レポートをお届けします。
プロテオグリカン コラーゲンやヒアルロン酸に代表される有名美容成分に並ぶ新成分です。
プロテクト乳酸菌 免疫力を高めるプロテクト乳酸菌の研究成果をご紹介します。
オメガ脂肪酸 脳の健康に大切なオメガ脂肪酸について楽しく学んでみませんか?
DHA・EPA 血液ドロドロの状態は、脳梗塞や動脈硬化を引き起こす原因の一つです。
ケルセチン 野菜のポリフェノール ケルセチンのちからの秘密をご紹介します。
火棘 火棘(かきょく)の果実に含まれる美しさの秘密をご紹介します。
老化を、科学する。 ゴマの稀少成分と自律神経を整えるオリザプラスのちからをご紹介します。
血管メンテナンス 血管のしなやかさ改善に期待高まるオリーブOPXの力をご紹介します。