生活習慣病の予防と対策!腸の健康が生活習慣病の予防につながる。

若々しい腸内では善玉菌が悪玉菌の働きを抑え、有害な毒素が少なくなる!

Part2 日本初!「ラクトバリア成分」で腸を健康に!腸の健康が生活習慣病の予防につながる。

トップページへ

若々しい腸は有害な毒素が少ない!

毒素というのは、腸内で増殖した悪玉菌が作り出す有害物質や、腸で発生した腐敗物などのこと。生きている以上、毎日生まれ続けるものですが、腸内環境が若々しいと、善玉菌が悪玉菌の働きを抑えてくれるので、作られる毒素は少なく、体外への排出もスムーズ、生活習慣病の予防にもつながります。
健やかな腸を保つ研究に長年取り組んできたサントリーが着目したのは、有害な毒素を「働かせない・溜めない・増やさない・入れない」ための各成分とその配合。様々な素材や成分を検証しました。

腸の健康を保つ4つのポイント 毒素を「働かせない」毒素を「溜めない」 毒素を「増やさない」 毒素を「入れない」
腸を健康に保つことが大切なんです。

サイトマップ

ページトップへ