血管の硬化

血管の老化リスクなどについて。意外に身近な血管リスクと硬化していくメカニズムをご紹介します。

目には見えない危険な老化 血管の硬化

実は身近な血管リスク

こんな諸症状、根幹は血管にあり

血管の硬化が進むと血液が流れにくくなり、体のすみずみまで栄養や酸素が運ばれないため、様々な症状が現れやすくなります。
年齢のせい、疲れているだけ、と思いがちですが、普段、気になる症状の根源は血管にある可能性が。実際に健康不安を抱えている人のうち、2人に1人は血管に関わる健康リスクに悩んでいると言われています。
実は身近に潜んでいるかもしれない血管リスク。若々しく健やかな毎日のためには、血管をしなやかに保つことが欠かせません。

このページのトップに戻る

硬化していくメカニズム

しなやかな血管のカギ、内皮細胞の働きが低下

血管も長年使っていれば、加齢とともに弾力を失い、気付かぬうちに硬く、もろくなってきます。
しかし、そのスピードは個人差が大きく、血管老化が進行していても、自分ではほとんど気づきません。
血管の弾力性は、血管の内壁に並ぶ内皮細胞(下図参照)の働きによって決まります。
血管を収縮させたり、拡張させたりしているその働き(内皮機能)が年齢とともに低下し始めると、
血管のしなやかさも失われていきます。

血管は3層構造

内膜

血流に直接触れる部分で、内皮細胞と結合組織からなります。

中膜

スポンジのような構造で、血管にかかる圧力を調整する役割があります。

外膜

丈夫な弾性線維などによって血管の外側を保護しています。

内皮細胞

血管の一番内側にある細胞で、血管の収縮や拡張を調整して
います。その働きを「内皮機能」といいます。

内皮細胞は、血液中の余分なコレステロールや
活性酸素の攻撃を繰り返し受けているうちに、傷つきます。
これが血管の老化の始まりです。

若々しい血管を取り戻そう!

硬くなった血管

内皮細胞がうまく働かず、血管が古いゴムホースのように硬く、もろくなり、血管老化が進行。

しなやかな血管

内皮細胞がしっかり働くと、血管は新しいゴムホースのようにやわらかく弾力があります。

特に女性は、50代から要注意。

女性は閉経以降、女性ホルモンの減少とともに、血管が硬くなりやすいことが近年の血管研究で分かっています。

135名の健常な女性(15~72歳)の血管内皮機能を調査した結果、平均53歳から血管内皮機能が急激に低下することが判明。
閉経による女性ホルモンの欠乏が原因と考えられます。

出典:JACC Vol.24. No.2 August 1994:471-6

加齢による血管内皮機能の変化(女性)。50代から急激にしなやかさが低下。

監修/高沢謙二先生 東京医科大学教授・医学博士 東京医科大学卒業。同大学院入学および同第二内科入局。同大学循環器内科助教授、同大学理事、八王子医療センター病院長などを経て現職。加速度脈波の波形解析による血管年齢を発案し、世界的に注目される。『「やわらかい血管」で病気にならない』(ソフトバンク新書)など著書多数。

このページのトップに戻る

トップへ戻る