脳に大切なオメガ脂肪酸

脳に大切なオメガ脂肪酸に関するページです

「オメガ脂肪酸」のことがもっと分かる!オメガライブラリー

トップページへ

  • 学校案内 オメガ脂肪酸のこと、オメガ学園で学びませんか?
  • ホームルーム 脳に大切なオメガ脂肪酸
  • 1時限目 知力とオメガ脂肪酸 若々しい脳でいるために
  • 2時限目 気力とオメガ脂肪酸 前向きな気持ちでいるために
  • 給食の時間 オメガ脂肪酸をしっかり補いましょう
  • 課外授業 脳を活性化させる生活習慣

ホームルーム 脳に大切なオメガ脂肪酸

脳が元気に働くためには、糖質・脂質・タンパク質の三大栄養素とビタミン・ミネラルをバランスよく摂ることが大切ですが、とりわけ重要なのが脂質の摂り方です。水分を除くと脳の約60%は脂質で構成されています。ですから毎日の食生活でどんな脂質をどう摂るかがとても重要です。

1.あぶら(脂質)=悪者と決めつけていませんか?

あぶら(脂質)は太るというイメージがあるせいか、敬遠している人も多いのではないでしょうか。脂質は体のエネルギーとして使われたり、体を構成する細胞膜や血液、ホルモンなどの材料になったりする大切な成分。重要なのは、どんな脂質をどう摂るかです。

脂質といっても、実は様々な種類があります。その主成分である脂肪酸にも、下図のようにたくさんの種類があります。脂肪酸は、常温で固まりやすい「飽和脂肪酸」と、常温で固まりにくい「不飽和脂肪酸」の2つに大きく分けられます。不飽和脂肪酸には体内ではほとんど合成されない多価不飽和脂肪酸があります。その中でも食事などできちんと補うことが必須な脂肪酸が、「必須脂肪酸」と呼ばれます。

オメガ脂肪酸のARA(アラキドン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は、必須脂肪酸の代表です。

代表的な脂肪酸の分類

※健康に有用な働きをする不飽和脂肪酸をサントリーではオメガ脂肪酸と呼んでいます。

2. オメガ脂肪酸はどこにある?

オメガ脂肪酸のARA(アラキドン酸)・DHA・EPAは脳や血液や皮膚など、体を構成する成分として全身に広く存在します。ARA(アラキドン酸)とDHAは特に脳のリン脂質に多く、またEPAは血液に含まれ、それぞれ脳の働きをサポートしています。

また、オメガ脂肪酸は母乳の中にも存在し、授乳期の赤ちゃんの脳や体の発育にも欠かせない脂肪酸。現在、アメリカなど60カ国以上で、ARA(アラキドン酸)入りのベビーミルクが販売されています。

オメガ脂肪酸は脳をはじめ全身に存在します

Soderberg M et al. Lipids(1991)26(6):421-425. 五訂増補日本食品脂溶性成分表 Schafer L et al.J Invest Dermatol(1991)96(1):10-15. Oe H et al.J.Heart(2008)94(3):316-321.

3. 脳の発達とオメガ脂肪酸

脳の精神発達にとって、オメガ脂肪酸を組み合わせて摂ることの大切さを示す興味深いデータが、2000年アメリカで発表されました。

DHAとARA(アラキドン酸)添加のミルクを与えた乳幼児は、無添加のベビーミルクやDHA添加のミルクを与えた乳幼児よりも精神が発達していることが認められ、発達指標は全米の平均よりも高いことが分かりました(下グラフ)。

DHAとARA配合のミルクは赤ちゃんの運動発達、精神発達を高める

DHA・ARA配合ミルクを与えた乳児の知能・運動能力への効果 生後5日目から17週目までの乳幼児に、(1)DHA・EPA無添加のベビーミルク(コントロール)(2)DHAだけ添加されたミルク(3)DHAとARAの両方が添加されたミルクのいずれかを与えて育て、18カ月後に知能と運動のテストを実施。全米の平均と比較しました。その結果、DHAにARAを加えたミルクを飲んだ子の神経運動発達指標は全米平均を上回りました。また精神発達の指標でも、DHA+ARAのミルクを飲んだ子は、最も大きな上昇が認められました。E.E. Birch et al., Dev. Med. Child Neurol., 42, 174-181 (2000)

また、米国の臨床栄養学の専門家スーザン・カールソン博士など多くの研究でも、ARA(アラキドン酸)を摂取することによって赤ちゃんの精神面での成長、学習・記憶能力の向上が期待できるということが判明。FDA(米国食品医薬品局)が乳児に対する安全性を認めたこともあり、アメリカではARA(アラキドン酸)配合のベビーミルクがスタンダードになりつつあります(ベビーミルクにARAをプラスしている国は、現在世界60カ国を超えています)。さらに、2007年7月、コーデックス委員会(FAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)により設置された国際的な政府間機関)総会でベビーミルクの規格において、DHAを配合する場合、同量以上のARA(アラキドン酸)の配合を推奨することが合意され、国際的にもその有用性が認められました

4. 加齢に伴い減少する脳のオメガ脂肪酸

オメガ脂肪酸のARA(アラキドン酸)とDHAは脳の中の学習・記憶能力を司る海馬という組織に多く含まれています。ARA(アラキドン酸)とDHAは海馬の機能を支える成分として期待されており、神経細胞のネットワーク形成や情報伝達との関わりが研究されています。

海馬の中のARA(アラキドン酸)とDHAは、右のグラフのように、60代を過ぎた頃から顕著に減少し始めます。

血液の流れをスムーズにするEPAも、脳の健康とは切り離せない大切な成分です。元気な脳を保つために、オメガ脂肪酸をバランスよく摂りたいですね。

加齢とともに減少する脳のオメガ脂肪酸

海馬のリン脂質中のARA・DHA量 M. Soderberg et al., Lipids, 26, 421-425 (1991)より改変
もっと詳しく知りたい方はオメガライブラリーへ
次のページへ