“毛細血管”のちから

サントリーは健康を科学する健やかな生活のための「教えて!先生」情報をお届けします。

生命活仂のカギ!「 “毛細血管”のちから」

Q

「全身に網の目のように張りめぐらされている“毛細血管”の老化は、不調や病気のもと?」

A

体内を駆けめぐっている血管の総距離は、何と地球の約2周半の約10万km。
その約99%は、体のすみずみまで血液を届ける毛細血管です。
しかし中高年から始まる、この毛細血管の劣化が老化の要因でもあると解明され、
注目を集めています。
そこで、毛細血管を劣化させない方法について、専門家の先生に教えていただきました。

全身の細胞に栄養を届けられるのは毛細血管だけ

血管の約99%が毛細血管!体内の血管をすべてつなぐと総距離は、地球の約2周半!

 私たちの体の中では、毎分約4〜5ℓの血液が、休む間もなく駆けめぐっています。
心臓から血液を全身に送り出す「動脈」と、血液を心臓に戻している「静脈」はよく知られていますが、ほかにも忘れてはいけない大切な血管があります。 それは、動脈から枝分かれし、全身に網の目のように張りめぐらされている細い「毛細血管」です。
 動脈は栄養や酸素を全身に運び、静脈は老廃物や二酸化炭素を回収する役割があるといわれています。しかし、太くて丈夫な動脈や静脈では、目に見えないミクロサイズの細胞に必要な栄養などを届けたり、老廃物などを回収したりすることはできません。
 毛細血管の内径は髪の毛の約14分の1の約7㎛*。小さな鍵穴を開けるには小さな鍵が必要なように、数十兆個ともいわれる細胞一つひとつとやりとりをするためには、膨大な数の毛細血管が必要になるわけです。
 動脈から毛細血管によって細胞に行き着いた血液は、必要なものを届け、不要なものを回収して静脈に戻します(下図)。
 道路でいえば、動脈と静脈は広い高速道路、毛細血管は全身の末端の細胞や皮膚にまで延びる細い路地や裏道に例えられるかもしれません。
*1㎛(マイクロメートル)=1000分の1mm

毛細血管は全身の細胞とつながるライフライン(イメージ図):動脈や静脈ほどは目立ちませんが、私たちが健康に過ごせるのは、
全身のすみずみの細胞にまでつながって、必要なものと不要なものを交換している毛細血管のおかげです。

体のあらゆる機能は、毛細血管の働きに支えられている

 毛細血管が運ぶのは栄養や酸素だけではありません。ウイルスなどが侵入した時に免疫細胞を派遣したり、様々なホルモンを必要な場所に運搬したりするのも大切な役目。また暑いと毛細血管が拡張して熱を放出し、寒いと収縮して熱を内に閉じ込めるというように、体温を調節しながら生命を維持しています。
 まさに、毛細血管のネットワークは生命の根幹に関わるライフラインですが、毛細血管の研究が進むにつれて分かってきたことがあります。それは、若い時にはどんどん増えて筋肉や骨の成長を促した毛細血管も、中高年になると、徐々にもろくなり始め、劣化して縮み、血流を滞らせるようになることです。

毛細血管の5つの働き:1:細胞に栄養と酸素を届ける・2:細胞から老廃物と二酸化炭素を回収・3:外敵が侵入すると免疫細胞を派遣・4:様々なホルモンを必要な場所に運搬・5:血流を調節することで体温を調節

毛細血管の劣化こそ不調や病気のもと

 体の表面にまで血液をめぐらせているはずの毛細血管が劣化し、その手前で縮んでしまえば、皮膚は老化するばかり。また内臓でも筋肉でも脳の中でも、毛細血管の劣化が進行すれば、そこから様々な不調や病気が生じてきます。
 加齢に加え、生活習慣の乱れによる影響も劣化に拍車をかけます。偏った食生活や運動不足などにより、余分な脂質や糖が増えてドロドロになった血液は、血流を滞らせ、ゴミが詰まって朽ちたパイプのように毛細血管を劣化させます(下図)。
 下のチェック項目に多く当てはまる場合は要注意です。

あなたの毛細血管は大丈夫? 当てはまる項目が多いほど、毛細血管の劣化が始まっていると考えられます。・顔色が悪い・シミ・シワなどの肌のトラブルが増えた・傷や腫れが治りにくくなった・疲れやすくかぜをひきやすくなった・物忘れが多くなり集中力が低下した・冷えや肩こり痛みが増えた・胃のもたれ、便秘や下痢によくなる 
							  劣化した毛細血管:本来の毛細血管の形状が崩れ、不揃い。一部は退化し、縮んでいる。 健康な毛細血管:健康な毛細血管は先端まで真っすぐ伸びている。太さも均一でヘアピン状。

毛細血管は、中高年からでも増やすことが可能

 劣化して失われた毛細血管をよみがえらせることはできません。しかし、ふさがった道路の脇にバイパスを通すように、人間の体には、新しい毛細血管の道をつくり出すちからが備わっています。
 そのためのキーワードは「血流アップ」。一番効率的な方法は運動です。体を動かすことで筋肉の中の毛細血管が刺激され、血流が良くなります。
 筋肉は歳を重ねてからでも育てることができるので、積極的に筋肉を動かせば、そこに栄養と酸素を送り届ける毛細血管が増えていきます。腕立て伏せやスクワットなどの筋トレが効果的ですが、手軽にできる腕ふり運動、かかとの上げ下げもおすすめです。

食事の内容で、血流は変わる

 新しい毛細血管を増やすためには、食生活も大切。普段何を食べているかで、血流は良くも悪くも変わります。
 1日3食規則正しく、栄養バランスの良い食事が基本ですが、加えて下に挙げたような血流を促してくれる食品や、毛細血管の若々しさに役立つ食品を積極的に取り入れましょう。毛細血管と同じ直径約7㎛の疑似血管で検査をすると、血液の流動性が変わることがはっきりと確認できます。
 また、毛細血管はもろくなり始めても、早い段階であれば修復が可能です。そうした傷んだ毛細血管の修復も、新しい毛細血管をつくる作業も、眠っている間に行われます。毛細血管のためにも、十分な睡眠をとるように心掛けましょう。

血流アップ こんな食品を積極的に食卓に! 青魚:豊富に含まれる不飽和脂肪酸のDHAが血液中の余分な脂肪を減らして血流を促進。赤血球の膜を柔らかくして毛細血管の中を通りやすくします。
							  画像で確認:毛細血管と同じ直径の疑似血管(MC-FAN)の画像で、ドロドロだった血液の流れの変化を確認。下記画像は、毎日イワシ1匹(約100g)を食べるように指導した患者の4週間後の改善例(画像提供:栗原毅)
							   ねぎ類:特有のにおい成分には、血のかたまりの発生を予防する作用があります。 黒酢:酸味のもとのクエン酸には、血流の流動性を良くする働きがあります。
							   しょうが:特有の辛味成分には毛細血管を拡張し、末梢までの血行を促進する働きが知られています。 シナモン:香り成分には、血流改善や血管の壁を丈夫にする働きがあることで近年注目されています。
全身の健康のために、毛細血管を元気に保つ生活習慣を!