for 60+(60代からのお正月・冬に食べたいレシピ)

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方)

必須脂肪酸がとれるお手軽レシピ(ARAやDHAがたっぷり)

大根のあんきものせに関するレシピをご紹介。

フォー シックスティ・プラス 齢を重ねるほどに大切になる必須脂肪酸ARAを食卓に 印刷

冬・正月におすすめのメニュー

大根のあんきものせ

※あんきも…アラキドン酸(ARA)260mg/100g
1人分…271kcal/アラキドン酸(ARA):104mg/DHA:1440mg

大根のあんきものせ

材料(2人分)

・生あんきも…80g
・塩…少々
・酒…少々
・大根…300g
・大根の葉…50g

[A]
だし汁…200〜300cc
塩…小さじ1/4
薄口醤油…大さじ1/2
ミリン…大さじ2

・片栗粉…大さじ1
・水…大さじ1
・ゆずの皮…少々

作り方

  1. 1まずあんきもの蒸し物を作ります。あんきもは筋と薄皮を取り除き、塩をして1時間位おきます。水洗いをして水気をふきとります。あんきもをラップに包んで筒形に整え、さらにアルミホイルで包みます。バットにのせて中火で30分ほど蒸します。冷ましてから1cm厚さに切ります。
  2. 2次に大根の煮物を作ります。大根は輪切りにして面取りをし、裏面に十字の隠し包丁をいれます。鍋に[A]と大根をいれ、ふたをしてやわらかくなるまで中火で煮ます。煮えたら大根を取り出し、残った汁に大根の葉の小口切りを入れて一煮立ちさせ、水溶き片栗粉でとじます。
  3. 3器に大根を盛り、あんきもを乗せ、上からあんをかけます。ゆずの皮を添えて出来上がり。
ポイント

イラストあんきもも手軽にたくさんの必須脂肪酸アラキドン酸(ARA)を補給できる食材のひとつです。この季節、スーパーに安く出るので自宅で手作りしてみましょう。あんにした大根の葉はビタミンEが豊富なので捨てずに利用しましょう。きれいな器に盛り、ゆずやいくら等を飾ればちょっと華やかなお正月料理に。また、あんきもの蒸し物をフライパンでソテーすればフォアグラ風の料理にもアレンジできます。

印刷

必須脂肪酸がたっぷりとれるレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ