必須脂肪酸がたっぷりとれる秋のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方)

必須脂肪酸がとれるお手軽レシピ(ARAやDHAがたっぷり)

鶏レバーとさつまいもの香味揚げサラダに関するレシピをご紹介。

秋

鶏レバーとさつまいもの香味揚げサラダ

1人分…439kcal/アラキドン酸(ARA):116mg/DHA:178mg

印刷

鶏レバーとさつまいもの香味揚げサラダ

材料(2人分)

・鶏レバー…200g

[A]
おろし生姜…大さじ1
酒…大さじ1/2
しょうゆ…大さじ1/2

・さつまいも…小1本(100g)

[B]
おろし生姜…大さじ1
しょうゆ…大さじ1/2

・小麦粉…適宜

・レタス…2枚(40g)
・たまねぎ…1/4玉(60g)

・市販の和風ノンオイル
  ドレッシング…適宜

作り方

  1. 1[下ごしらえ]
    ★レバーは筋と血合いをとり、2cm角くらいに切って、[A]をもみ込んでおく。
    ★さつまいもは乱切りにし、[B]をからめておく。
    ★レタスは短冊ぎり、たまねぎは薄くスライスする。
  2. 2さつまいもに小麦粉をまぶし、150℃の油でじっくり揚げる。竹串を刺し、スッと通ればよい。火力を上げて、表面をカラリと揚げる。
  3. 3次に、レバーの水分をキッチンペーパーで軽く取り、小麦粉をまぶす。170℃の油で揚げる。
  4. 4レタスとたまねぎをさらに盛り付け、上にさつまいもとレバーを乗せる。ドレッシングをかけてアツアツのうちに全体を混ぜながらいただく。
ポイント

watoさんのイラストレバーは手軽にたくさんの必須脂肪酸アラキドン酸(ARA)を補給できる食材のひとつ。 においが苦手な方も、生姜をたっぷり使ってカラリと揚げれば食べやすくなります。さつまいもには、意外にもビタミンEが多く含まれており、(小松菜やアスパラガスと同じくらい豊富なんですよ)抗酸化作用があるのでレバーとの組み合わせも◎です。

印刷

必須脂肪酸がとれるレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ