必須脂肪酸がたっぷりとれる春のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方)

必須脂肪酸がとれるお手軽レシピ(ARAやDHAがたっぷり)

牛肉と新ごぼうの卵とじ丼に関するレシピをご紹介。

春

牛肉と新ごぼうの卵とじ丼

1人分…815kcal/アラキドン酸(ARA):124mg/DHA:90mg

印刷

牛肉と新ごぼうの卵とじ丼

材料(2人分)

・牛肩ロース…100g
・酒…小さじ1
・しょうゆ…小さじ1
・ごぼう…1本(150g)
・赤パプリカ…1/2個
・卵…3個
・サラダ油…小さじ2

[A]
だし汁…150cc
砂糖…大さじ1
しょうゆ…大さじ1
みりん…大さじ1

・ごはん…400g
・三つ葉…適宜

作り方

  1. 1[下ごしらえ]
    ★牛肩ロースは一口大に切り、酒としょうゆをもみこんでおく。
    ★ごぼうはささがきに、赤パプリカは横半分に切ってから、5mm幅のせん切りにする。
    ★卵は溶いておく。
  2. 2鍋にサラダ油を熱し、中火でごぼうを1分程炒める。
  3. 3続いて、牛肉と赤パプリカを加えて炒める。
  4. 4牛肉に大体火が通ったら、[A]を入れて強火にする。
  5. 5煮汁がひと煮立ちしたら、中火にして溶き卵を回し入れフタをして中火で20〜30秒煮る。(半熟で火を止める)
  6. 5茶碗にごはんを盛り、5を乗せる。三つ葉を散らして出来上がり。
ポイント

watoさんのイラスト牛肉の中でも、肩ロースには、必須脂肪酸アラキドン酸(ARA)が多く含まれています。ただしアラキドン酸(ARA)は酸化されやすい成分なので、抗酸化作用のある緑黄色野菜等と一緒に食べるのがおすすめ。ここでは赤パプリカと組み合わせました。赤パプリカはピーマンに比べてβ-カロテンが2倍以上、ビタミンEが約5倍以上と言われています。また、ごぼうは食物繊維含有量が野菜の中でもトップクラス。春に出回る新ごぼうはやわらかく食べやすいのでたっぷりどうぞ。

印刷

必須脂肪酸がとれるレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ