黒酢やにんにくを使った秋のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 黒酢やにんにくを使ったレシピ

きのこいっぱい ひっつみ汁に関するレシピをご紹介。

秋

きのこいっぱい ひっつみ汁

1人分 237kcal

印刷

すいとんのことを岩手では、ひっつみ、とってなげ、ばっと、などと呼びます。
小麦粉をこねてつまんで伸ばして汁に入れることを「ひっつむ」と言うのが語源です。家庭や季節によって具や味は様々です。
今回は旬のきのこをたっぷり入れて、仕上げに黒酢を加えます。

きのこいっぱい ひっつみ汁

ひっつみの材料(2人分)

・小麦粉…40g
・水…20ml
・サラダ油…小さじ1/2

汁の材料(2人分)

・鶏手羽肉…4本
・人参…20g
・牛蒡…20g
・長ネギ…20g
・舞茸…30g
・椎茸…30g
・しめじ…30g
・三つ葉…適量
・水…500ml〜
・塩…小さじ1/2〜
・生姜スライス…2枚
・酒…大さじ1
・醤油…小さじ1
・黒酢…大さじ2〜

作り方

  1. 1まず、ひっつみの用意をします。
    ボウルに薄力粉、水、サラダ油を入れて、手ひら全体を使って約10分ほどこねましょう。
    なめらかになったらビニール袋に入れて(もしくはラップできちんと包んで)、冷蔵庫で2時間〜一晩寝かせる。
  2. 2人参はいちょう切り、牛蒡は薄く斜め輪切りに、長ネギは1cm幅に斜め輪切り、きのこ類は食べやすい大きさにほぐしたり、切ります。
  3. 3鍋に水と鶏手羽肉を入れて強火にかけて、沸騰したらアクをとり、中火にします。酒、塩、生姜を加えて30分ほど煮ましょう。もし水が減りすぎたら足してください。
  4. 4人参、牛蒡も加えて15分ほど煮たら、舞茸、椎茸、しめじ、醤油も加えます。
  5. 55〜10分ほど煮て野菜が柔らかくなったら[1]のひっつみをちぎりながら加えます。親指全体を使って引き延ばし、薄い長方形にちぎりましょう。
  6. 6ひっつみを入れ終わったらネギも加え、3〜4分煮て、味見をして足りないようなら塩を少々加えてください。
    火を止めてから黒酢を加え、器にもりつけ、ざく切りにした三つ葉を乗せて出来上がり。
うすくひらひらに伸ばしてちぎりましょう

印刷

黒酢やにんにくを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ