黒酢やにんにくを使った秋のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 黒酢やにんにくを使ったレシピ

秋茄子とにんにくのおやきに関するレシピをご紹介。

秋

秋茄子とにんにくのおやき

1人分 175kcal

印刷

信州名物のおやき。中の具はいろんな種類がありますが、今回は秋なすとにんにくのジューシーなあんを作って包みます。

秋茄子とにんにくのおやき

皮の材料(5個分)

・薄力粉(あれば中力粉)…150g
・ごま油…大さじ1/2
・塩…小さじ1/4
・ぬるま湯…100ml

具の材料(5個分)

・茄子…2〜3本(250g)
・にんにく…3片(15g)

[A]
砂糖…大さじ1
味噌…大さじ1
醤油…小さじ1/2
お好みで一味唐辛子…少々

・ごま油…大さじ1

作り方

  1. 1まず皮の用意をします。
    皮の材料をボウルに入れて、手ひら全体を使って約15分ほどこねましょう。棒状にしたらビニール袋に入れて(もしくはラップできちんと包んで)、冷蔵庫で2時間ほど寝かせます。
  2. 2この間に具の用意をします。
    茄子を1cmの角切りに、にんにくをみじん切りにして、ごま油で炒めます。
    水分が飛んでカサが減ってきたらAを加えて味付けをして、皿などに移し替えて冷まします。
  3. 3包みましょう。
    [1]の生地を5等分に切り分け、それぞれを丸くまるめます。
    オーブンシートの上で麺棒を使って平たく伸ばします(中央部分を少し厚めにしておくと後で破れにくいです)。
    [2]の具の1/5量を中央に乗せて、生地の端を寄せるようにして包みます。
    具が漏れないように、生地同士を指で挟むようにしてしっかりくっつけましょう。
    残りの4つも同様に包みます。
  4. 4蒸し焼きにします。
    フライパンにごま油を敷き中火にかけたら、閉じた面を下にして並べます。弱めの中火で4分ほど焼いて焼き色がついたらひっくり返してさらに4分ほど焼きます。
    もう一度ひっくり返し、水を100mlほど加えてフタをして、水がなくなるまで蒸し焼きにしたら、出来上がり。
具の汁気がつくと生地どうしがくっつきにくくなるので気をつけながら。

印刷

黒酢やにんにくを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ