黒酢やにんにくを使った冬のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 黒酢やにんにくを使ったレシピ

にんにくきりたんぽ鍋に関するレシピをご紹介。

冬

にんにくきりたんぽ鍋

1人分 640kcal

印刷

秋田の郷土料理きりたんぽ。ごはんをつぶして串に巻きつけ、炙ってから鍋に入れます。
今回はごはんにおろしにんにくを加え、風味が豊かでスタミナもつくきりたんぽを作ってみましょう。

にんにくきりたんぽ鍋

材料(4人分)

・温かいごはん…800g
・片栗粉…大さじ2
・にんにく…30g
・塩…少々
・鶏もも肉…400g
・舞茸…200g
・ごぼう…100g
・結び糸こんにゃく…8個
・長ネギ…2本
・せり…2束(200g)

[A]
水…1600ml
酒…大さじ2
醤油…大さじ3
みりん…大さじ2
砂糖…大さじ1
塩…少々

・お好みで七味やゆず

作り方

  1. 1にんにくはラップをかけてレンジ500wで40秒ほど加熱し、やわらかくします。
    すり鉢ににんにくをいれ麺棒でよくつぶしたら、ごはんと片栗粉を加えて、ごはん粒が半分くらいつぶれて粘りがでるまで麺棒でつきましょう。
    それを8等分にして杉の串(なければ割り箸)に細長くくっつけて成形します。この時に1%ほどの塩水を手につけて行うと表面がきれいに整い、崩れにくいきりたんぽを作ることが出来ます。
    網焼きか、フライパンで焼いて表面に焼き色をつけます。熱いうちに串を抜いて、斜め半分に切りましょう。
  2. 2鶏肉は一口大に、舞茸は手で裂いて、ごぼうはささがきに、こんにゃくは下茹でをしておきます。長ネギは斜めざく切り、せりは8cm程の長さに切ります。
  3. 3鍋に水、鶏肉、ごぼうを入れて強火にかけて、煮立ったらアクをすくい、[A]、舞茸、こんにゃくを入れます。
  4. 4[3]が煮えたら、きりたんぽ、長ネギ、セリを加えて2,3分煮ます(煮過ぎないようにしましょう)。
    お好みで七味やゆずをつけてもよくあいます。
せりは根っこまで使うのが秋田流

印刷

黒酢やにんにくを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ