野菜を使った秋のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 野菜を使ったレシピ(ポリフェノールやケルセチンたっぷり)

モロヘイヤのニョッキ 松茸クリームソースに関するレシピをご紹介。

秋

モロヘイヤのニョッキ 松茸クリームソース

1人分 743kcal

印刷

野菜のポリフェノールであるケルセチンを多く含むモロヘイヤを使った料理です。
ペースト状にしたモロヘイヤを練り込んだニョッキは見た目にもきれいで、食感はもちもちです。松茸をクリームソースにするとせっかくの香りがもったいないと思われるかもしれませんが、フレッシュなクリームとの相性は良く、また、松茸を炙ってから使うことで高い香りとしこしことした歯触りが楽しめます。

モロヘイヤのニョッキ 松茸クリームソース

材料(2人分)

[A]
モロヘイヤ…40g
じゃがいも…200g
小麦粉…100g〜
卵黄…1個
塩…小さじ1/3
白胡椒…少々

・松茸…2本
・生クリーム…200cc
・塩…少々
・白胡椒…少々
・イタリアンパセリ…適宜

作り方

  1. 1じゃがいもは皮付きのままラップに包んで電子レンジ600wで6〜7分加熱します。
    竹串をさしてみて中まですっと通ればOKです。
    モロヘイヤは葉を摘み取り、沸騰したお湯でさっと茹でます
    冷水に取って冷ましたら水気を絞ります。
  2. 2フードプロセッサーにじゃがいもとモロヘイヤを入れて、ペースト状にします(フードプロセッサーが無い場合、モロヘイヤは包丁で細かく刻み、じゃがいもはフォークでつぶしてください)。
    ボウルに移し、その他の[A]の材料と混ぜ合わせたらラップをして1時間ほど寝かせます。
  3. 3松茸は土を布巾で拭き取り、網にのせて直火で炙ります。
    手で食べやすい大きさに裂きましょう。
    長ければ包丁で半分の長さに切ってください。
  4. 4[1]のニョッキを打ち粉(あれば強力粉/分量外)をふったまな板の上で細長く伸ばした後、一口大に切り分けます。
    沸騰した湯に塩を入れて、約5分茹でます。
  5. 5同時に、フライパンに松茸、生クリーム、塩、胡椒をいれて火にかけて1分ほど煮詰めます。
  6. 6[5]のクリームに茹でたニョッキを加えて手早く和えます。
    皿に盛り、イタリアンパセリを飾ったら出来上がり。
残った茎はやわらかく茹でて刻めばおいしくいただけます

印刷

野菜を使ったを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ