野菜を使った春のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 野菜を使ったレシピ(ポリフェノールやケルセチンたっぷり)

モたまねぎの照り焼きに関するレシピをご紹介。

春

たまねぎの照り焼き

406kcal
1人分 203kcal

印刷

野菜のポリフェノールであるケルセチンを多く含むたまねぎを使った料理です。
たまねぎを厚めの輪切りにしてじっくり焼くことで、見た目にもボリュームが出て、食べごたえのある一品に。また、彩りに加えたピーマンにもケルセチンが多く含まれているのでたまねぎと合わせてダブル効果。
お好みで豚肉を加えたり、ごはんにのせてどんぶりにしてもいいですね。

たまねぎの照り焼き

材料(2人分)

・たまねぎ…1個
・ピーマン…2個
・片栗粉…適量

[A]
醤油、みりん、酒…各大さじ2
砂糖…大さじ1

・サラダ油…大さじ1/2
・ミニトマト…8粒

作り方

  1. 1たまねぎは1cm幅の輪切りに、ピーマンは種をとって縦半分に切ったら片栗粉を薄くまんべんなくまぶします。
  2. 2フライパンにサラダ油を熱したら、たまねぎを並べ入れてフタをします。
    弱めの中火で両面を3分ずつ焼きます。
  3. 3たまねぎが透き通ったら、[A]とピーマンを加えて煮絡めます。
  4. 4お皿に盛って、プチトマトを添えたら出来上がり。
こげないようにじっくり火を通しましょう

印刷

野菜を使ったを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ