野菜を使った春のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 野菜を使ったレシピ(ポリフェノールやケルセチンたっぷり)

新たまねぎの丸ごと煮に関するレシピをご紹介。

春

新たまねぎの丸ごと煮

516kcal
1人分 258kcal

印刷

野菜のポリフェノールであるケルセチンを多く含むたまねぎを使った料理です。
旬の新たまねぎを丸ごと柔らかく煮ます。鶏手羽とごぼうから出るいい味が中まで染み込むので、出汁いらずです。また、鶏手羽にはコラーゲンが豊富。お肌にもいい一品です。
生姜のスライスを加えてもおいしいですよ。

新たまねぎの丸ごと煮

材料(2人分)

・新たまねぎ…2個
・新ごぼう…1本
・鶏手羽中…6本(150g)
・水…600cc
・ローズマリー(もしくはローリエやオレガノなどのハーブ)
・塩…小さじ1
・粗挽き黒胡椒…少々

作り方

  1. 1鶏手羽は骨と肉の間に包丁で切り込みを入れて(食べやすくするため)塩少々と酒(ともに分量外)をもみこんでおきます。
    新たまねぎは皮をむいて洗い、新ごぼうは皮を包丁の背で軽くそぎ落とし長めの乱切りにします。
  2. 2鍋に水とごぼう、鶏手羽を加えて強火にかけます。
    沸いたらアクをすくいましょう。
  3. 3たまねぎ、塩、ローズマリーを加え、ふたをして中火で30分ほど煮ます。
    途中水が減ったら足してください。
  4. 4たまねぎに竹串を刺してみてスッと通れば出来上がり。
芯の部分に十字に切り込みを入れておくと早く火が通る上に、食べやすくなりますよ

印刷

野菜を使ったを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ