野菜を使った春のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 野菜を使ったレシピ(ポリフェノールやケルセチンたっぷり)

鶏肉と新じゃがのパセリバターソテーに関するレシピをご紹介。

春

鶏肉と新じゃがのパセリバターソテー

797kcal
1人分 399kcal

印刷

野菜のポリフェノールであるケルセチンを多く含むパセリを使った料理です。
旬の新じゃがを、バターとパセリで風味づけながら炒めます。パセリに含まれるケルセチンは油脂と摂ると吸収率が上がるので、バターとの相性はばっちりです。
この味つけは魚介にもよく合うので、アレンジしてみてください。
※バターは風味をより残すため最後に加えます。カロリーを控えるために最初は油を使わず焼きたいのでフッ素加工のフライパンを使用しています。

鶏肉と新じゃがのパセリバターソテー

材料(2人分)

・鶏もも肉…200g
・新じゃが…小4〜6個(240g)
・にんにく…1かけ
・生パセリみじんぎり…大さじ4(約10g)
・バター…20g
・塩…小さじ1/3
・白胡椒…少々

付け合わせ

・人参…60g

[A]
塩…小さじ1/4
酢…大さじ1
砂糖…大さじ1/2

作り方

  1. 1新じゃがはよく洗って、2個ずつラップに包み500wのレンジで6分加熱します。1/2〜1/3の大きさに切ります。
    鶏もも肉は一口大に切り、塩と胡椒とにんにくをまぶしておきます。
  2. 2フッ素加工のフライパンに、皮面を下にして鶏肉を並べいれ、フタをして動かさないで4分ほど焼きます。
    鶏肉を裏返したら端に寄せて、空いたところにじゃがいもを加え3分ほど焼きます。
    じゃがいもは転がしながら全面に焼き色をつけましょう。
    途中、にんにくが焦げそうだったら取り出してください。
  3. 3具に火が通ったらバターとパセリ、塩胡椒を加えて絡めて出来上がり。
  4. 4付け合わせの人参サラダ
    人参をせん切りにして[A]と混ぜ合わせます。
    すぐ食べられますが、しんなりした方が好きな場合が30分ほど置きましょう。
パセリもケルセチンが多い食品です

印刷

野菜を使ったを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ