野菜を使った夏のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 野菜を使ったレシピ(ポリフェノールやケルセチンたっぷり)

冷たいぶっかけうどん モロヘイヤのわさび醤油だれに関するレシピをご紹介。

夏

冷たいぶっかけうどん モロヘイヤのわさび醤油だれ

1人分 442kcal

印刷

野菜のポリフェノールであるケルセチンを多く含むモロヘイヤを使った料理です。
モロヘイヤを茹でて細かく刻み、うどんのタレにします。タレは少し早めに作ってよく冷やしておくのがおすすめ。暑い夏にさっぱりと食べられますよ。

冷たいぶっかけうどん モロヘイヤのわさび醤油だれ

材料(2人分)

[A]
モロヘイヤ…1束
だし汁…400cc
醤油…大さじ4
練りわさび…大さじ1〜

・ツナの缶詰…160g
・うどん…2玉
・みょうがの千切り…2個分

作り方

  1. 1まず、モロヘイヤは葉とやわらかい茎を摘み取り、沸騰したお湯でさっと茹でます。
    冷水に取って冷ましたら水気を絞り、包丁で細かく刻みます。
    その他の[A]の材料と混ぜ合わせたらタレの完成です。
  2. 2次に、うどんを茹でて冷水でよく冷やします。
  3. 3皿にうどんを盛り、上にツナとみょうがの千切りを乗せます。
    お好みで刻み海苔を散らしても合います。
    タレをかけてよく混ぜてお召し上がりください。
ざるそばのつけダレとしてもおすすめです

印刷

野菜を使ったを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ