野菜を使った夏のレシピ

いつものメニューにひと工夫。サントリー健康情報レポートが季節に合わせたヘルシー簡単レシピをお届けします。

いつものメニューにひと工夫!健康レシピ(おかずの作り方) 野菜を使ったレシピ(ポリフェノールやケルセチンたっぷり)

玉ねぎとうなぎのミニキッシュに関するレシピをご紹介。

夏

玉ねぎとうなぎのミニキッシュ

1個 205kcal

印刷

野菜のポリフェノールであるケルセチンを多く含む玉ねぎを使った料理です。
具として組み合わせたうなぎは夏が旬。ビタミンAのほか、ビタミンB群・D・E、カルシウムなどを含み、スタミナ補給に最適な魚です。
ミニサイズなので、ちょっとしたおもてなしや、お呼ばれの時の手みやげにもぴったり。お急ぎの時はパイ生地無しでグラタン皿に作ってもいいですし、うなぎの臭みが苦手な方はカレー粉や粗挽き黒胡椒などを加えるといいでしょう。

玉ねぎとうなぎのミニキッシュ

材料(プリン型6個分)

[A]
卵…1個
牛乳…50cc
生クリーム…30cc
粉チーズ…15g

・玉ねぎ…80g
・うなぎの蒲焼き…80g
・塩…少々
・胡椒…少々
・冷凍パイシート約9×9cm…6枚(150g)
・オリーブ油…少々

作り方

  1. 1まずはパイ生地の用意です。
    冷凍パイシートを商品の表示に従って解凍し、オリーブ油を薄く塗ったプリン型に敷き詰めます。底部分のパイ生地にフォークで数カ所穴をあけたら、乾燥しないようにラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど休ませます。パイ生地の上にオーブンシートを敷き、製菓用の重石を入れて、200度に熱したオーブンで15分焼きます。
  2. 2つぎに具の用意です。
    玉ねぎとうなぎを8mm角に切り、耐熱皿にいれます。塩と胡椒を少々ふったらラップをふんわりかけて600wのレンジで2分加熱します。そのまま冷ましておきましょう。
    [A]はボウルに入れて泡立器でよく混ぜます。
  3. 3パイ生地の中に、玉ねぎとうなぎを均等に入れ、その上から卵液を均等に注ぎます。
  4. 4180度に熱しておいたオーブンで30分ほど焼いて、出来上がり。(途中焦げそうだったらアルミホイルをかぶせて調節してください)
パイ生地なしでグラタン皿にそのまま焼いてもいいですね

印刷

野菜を使ったを使ったレシピは、その他にもいっぱい!以下のレシピをご活用ください。

このページの先頭へ