老化のメカニズム

40代から加速する老化を防ぐ方法を、サントリーウエルネスがご紹介します。

  1. 健康情報レポートトップ  >
  2. 老化を、科学する。  >
  3. 老化のメカニズム

錆びない明日へ、あなたを導く 老化を、科学する。サントリーウエルネス

文字サイズ

    老化とは、カラダが錆びることです。

    呼吸するたび、“活性酸素”によって酸化しています

    人はなぜ、老けてしまうのでしょう?
    老化はずばり、活性酸素によるカラダの錆びが原因のひとつです。
    私たちのカラダは、呼吸するたびに活性酸素を発生させます。そう、今こうしている間にも…。
    活性酸素は、カラダのあらゆる部分を酸化させる原因物質。
    肌のシワや、悪玉コレステロールの増加も、この活性酸素がひとつの原因です。

    体内に活性酸素が発生する しくみ 呼吸すると体の中で、一部の酸素が活性酸素になる

    コラム 運動も、やりすぎると老ける?

    活性酸素が体内で発生

    普通に生活するだけで、活性酸素は発生します。

    老化の原因となる活性酸素は、日常的に発生しています。
    たとえば、車の排気ガス・タバコ・バランスの悪い食事・ストレス・アルコールの摂りすぎなどからも、活性酸素は発生します。カラダに良いとされる運動も、やりすぎると大量の活性酸素を発生させるため注意が必要です。

    ページトップへ

    40代で、老化のスピードは加速します。

    40歳を過ぎると、カラダの酸化を防ぐ力が低下!

    40代になって、急に年齢を実感する方は多いようです。
    理由は、30代までは日々カラダの中で生まれる活性酸素を自然に取り除く“抗酸化酵素”のパワーが、40代になると急激に減少してしまうからです。 抗酸化酵素が減少してしまうと、除去しきれなかった活性酸素が毎日溜まっていきます。
    そうしてカラダの酸化、つまり老化のスピードが加速してしまうのです。

    年齢と抗酸化パワーの関係

    ページトップへ

    老化防止の“肝”は、肝臓です。

    カラダを酸化させる活性酸素は、肝臓で発生しやすい!?

    肝臓は、カラダを動かすエネルギーを生み出したり、老廃物を処理するなど、カラダの中でもたくさんの機能を担っている臓器です。その活動には、エネルギーとして大量の酸素を消費するため、肝臓は、活性酸素が多く発生しやすい場所と言えます。
    それに対して、活性酸素を除去する抗酸化力が不足していると、肝臓の機能が低下し、疲れやすい、肌の調子が悪いなど、カラダ全体に影響が及びます。老化を防ぐためには、まず肝臓を元気にする必要があります。

    老化の一因は、抗酸化パワーの不足 たくさんの機能を担う肝臓は、カラダの中でも、活性酸素が多く発生しやすい場所。肝臓の健康が、老化の肝です!

    ページトップへ

    若さを保つ方法とは!?

    • シワ、たるみとの戦い方
    • コレステロール対策
    • 二日酔いを防ぐ方法
    • 慢性的な疲れを対処
    • カラダ錆びつき度チェック!
    • からだの不調を感じるあなた!自律神経チェック