およそ4700万人もの人たちが介護予備軍!?関節痛やヒザ痛の方へ

新 脚の老化問題として、介護のリスクにつながるロコモティブシンドローム(運動器症候群)の原因や対策についてご紹介します。

他人事ではありません!歩くのが遅くなってきたら・・・『介護予備軍』!?放っておくと“要介護”につながる、話題の「ロコモ(ロコモティブシンドローム)」。

監修:森谷 敏夫先生 京都大学名誉教授年齢とともに「つまずきやすくなった」「歩くのが遅くなった」と感じることはありませんか。それは脚の老化のサインかもしれません。年齢によるものだからとそのままにしておくと、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)=ロコモ」が心配です。
そこで、サントリーでは新・脚の老化問題として、今社会的にも注目されているロコモティブシンドロームの原因とその対策を専門家の解説をまじえながらわかりやすくご紹介。さらに、サントリーが独自に着目し実証した、筋肉成分と軟骨成分の組み合わせによる脚の老化への有効性など、新しい歩み対策をご紹介します。
年齢を重ねても自分の力で元気に暮らすために、今から予防と対策を心がけましょう。 ※出典:J Bone Miner Metab.(2009)27(5):620-8

ロコモティブシンドロームとは!?

ロコモティブシンドロームは脚の筋肉が鍵!?

ロコモティブシンドロームの対策は!?

ページトップへ