脚の筋肉、膝の衰えへの有効性検証(ロコモ研究)

新 脚の老化問題として、介護のリスクにつながるロコモティブシンドローム(運動器症候群)の原因や対策についてご紹介します。

他人事ではありません!歩くのが遅くなってきたら・・・『介護予備軍』!?放っておくと“要介護”につながる、
話題の「ロコモ(ロコモティブシンドローム)」。

サントリーが発表!

筋肉成分と軟骨成分の“脚の衰え”に対する有効性を実証しました。

サントリーウエルネス株式会社 サントリー健康科学研究所 商品開発担当 神ア 範之このたび、京都大学と共同で実施したヒト試験の研究結果を第55回日本老年医学会学術集会において発表しました。脚の老化問題にいち早く取り組むサントリーでは、研究の末に筋肉成分と軟骨成分というこれまでにない組み合わせに着目。そしてこの2つの成分を同時に摂取することで、歩く速度の上昇や筋力の増加、ひざ関節の痛み緩和といった脚の衰えへの有効性があることを確認しました。
今回のサントリー ロコモ研究レポートでは、生涯の歩み対策として今注目を集めるこの研究成果をご報告します。

サントリー ロコモ研究レポート

サントリーが厳選した 筋肉成分「イミダゾールペプチド」と軟骨成分「グルコサミン、コンドロイチン、U型コラーゲン」の組み合わせの有効性を証明しました。

【今回のヒト試験概要】
サントリーでは、“筋肉成分と軟骨成分”の組み合わせによる脚の衰えに対する効果を検証するために、ひざ関節の痛みと同時に歩行速度の低下を感じている40歳から75歳未満の男女100名の方に運動機能と関節機能の試験を実施しました。

ひとつのグループには筋肉成分と軟骨成分を含む食品を、もう一方のグループには筋肉成分と軟骨成分を含まない食品を摂取していただき、その有効性を評価しました。

40歳から75歳未満の男女100名の方に運動機能と関節機能の試験を実施

  • 実証1:筋肉への有効性 歩く速度が上昇
  • 実証2:筋肉への有効性 脚の筋力が増加
  • 実証3:ひざ関節への有効性 歩行時のひざ関節の痛みが緩和
ページトップへ