筋肉への有効性〜筋肉成分と軟骨成分の摂取で歩く速度が上昇

新 脚の老化問題として、介護のリスクにつながるロコモティブシンドローム(運動器症候群)の原因や対策についてご紹介します。

他人事ではありません!歩くのが遅くなってきたら・・・『介護予備軍』!?放っておくと“要介護”につながる、
話題の「ロコモ(ロコモティブシンドローム)」。

実証1:筋肉への有効性 歩く速度が上昇

脚の衰えとともに低下する歩く速度。この歩行速度は脚の健康の指標であり、私たちの寿命にも大きく影響するといわれています。サントリーは、筋肉成分と軟骨成分を摂取することで、この歩行速度が上昇することを試験で明らかにしました。

通常歩行速度 試験

摂取したグループの方が歩くスピードが100m相当で3.6秒速くなりました。 つまり
長い横断歩道もあせらず速く渡れるように。例えば、東京のJR渋谷駅前のスクランブル交差点(約140m)を約5.1秒速く、渡りきれます。※非摂取グループと摂取グループを比較した場合

ページトップへ