歩行時のひざ関節の痛みが緩和・膝 関節痛の原因

新 脚の老化問題として、介護のリスクにつながるロコモティブシンドローム(運動器症候群)の原因や対策についてご紹介します。

他人事ではありません!歩くのが遅くなってきたら・・・『介護予備軍』!?放っておくと“要介護”につながる、
話題の「ロコモ(ロコモティブシンドローム)」。

実証3:ひざ関節への有効性 歩行時のひざ関節の痛みが緩和

ひざ関節の軟骨がすり減ることで生じるひざの痛み。生涯、歩き続けるためには、この痛みを軽減することも大切です。筋肉成分と軟骨成分を摂取すると、筋肉への有効性に加えて、ひざ関節の痛みが緩和されることを確認しました。

歩行時のひざの痛み 試験(VAS)

歩行時のひざ関節の痛みが改善されました。この結果から
ひざの痛みが緩和されるから、しっかりと歩けるように。歩けるからさらに筋力もアップします。

皆様の“ロコモティブシンドロームの不安”がなくなるよう、脚の衰えに対する研究を続けてまいります。

サントリーウエルネス株式会社 サントリー健康科学研究所 商品開発担当 神ア 範之今回のロコモ研究レポートは、いかがでしたか?脚の衰えを抑えるために、私たちが研究の末たどり着いたのが、“筋肉成分”と“軟骨成分”の組み合わせです。これらの成分がそれぞれ力を発揮するのはもちろん、さらに互いに高めあう作用があることも成分選択の大きな理由でした。「筋肉成分が脚の筋肉の衰えを予防することでひざの負担が軽減する」「軟骨成分がひざ関節痛を緩和することで積極的な筋肉の働きを促す」2つの成分を組み合わせることにより、こうした“歩きの好循環”が生まれることをつきとめたのです。今を健康的に歩くことは、生涯の自分の歩みをつくるということ。これからも適度な運動とともに、歩みに大切な成分を摂取して、丈夫で健やかな脚を維持していただければと思います。サントリーウエルネス株式会社 サントリー健康科学研究所 商品開発担当 神ア 範之

ページトップへ